Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 空間と人 > RENOVATE in Germany - ドイツでリノベーション 2/2

RENOVATE in Germany - ドイツでリノベーション 2/2

「日本の家」大谷悠にきく、「ふつうのくらし」の伝え方

大谷悠氏

「空間と人」では、どんな場所でどんな人々がどのように暮らしているのかということを、ひとつのキーワードに焦点を当てて、お伝えします。今週は、ドイツ、オランダ、スペイン。東欧と同じく、ひとくちに西欧と言ってもその文化は多様。そして、比較的身近に感じているはずのこれらの国々にも、日本からでは見えない側面が山ほどあります。

今回は、前回に引き続き、「リノベーション」。街によって程度の差はあれど、日本とは比較にならないほどたくさんの、古い建築が残るヨーロッパ。リノベーションを経た古い建物は、時間に刻まれた深い表情を見せてくれるだけでなく、今でも人々のくらしとともにあります。人は古い建築と、どうつきあうのか。今回はライプツィヒの空き家再生プロジェクト「日本の家」の活動を中心に、前編・後編、2回にわたっておとどけ。後編となる今回は、「日本の家」共同代表・大谷悠氏へのインタビューをお伝えします。

In "Space and people," we report what kind of people is living their lives in what kind of ways in what kind of places, focusing on some keywords. This week’s places are  Germany, Netherlands and Spain. As same as east Europe, we cannot wrap up these countries cultural diversity to the one word. There are so many things behind our knowledge of them.

Today's keyword is "Renovation." There a lot of old buildings in cities of Europe on level or another. You can find long histories on them when walking on the street. Interestingly, some old buildings are renovated and still used in different purpose from old days. Today, we will report the situation of renovation in Europe, referring to the interview we had in "Das Japanische Haus (The Japanese House)," a project of renovating unoccupied houses. Today we focus on the interview with Mr. Yu Ohtani, one of the leaders of the project.

グーグルマップでドイツへ渡る

image


< RENOVATE in Germany - ドイツでリノベーション 1/2

ーそもそも大谷さん、どうしてライプツィヒにいらっしゃったんですか?

ぼくは大学で建築を学んでいて、地域再生の研究をしていたんですけど、過疎化が進んでいる東ドイツのラオジッツ地方という褐炭(石炭の一種)の採れる地帯を、研究の一環で、見て回ったのがはじまりでした。 地域再生のプロジェクトをやっている「IBA Fürst-Pückler-Land」という団体にインタビューしたら、それがすごく面白かったんです。一度日本に帰って論文を書いた後、一緒に働かせてもらいたい、と申し込んだら、「とりあえず来てください」と。それが最初でした。

- To begin with, why did you come to Leipzig?

I was studying about architecture in my university. I was doing research about community regeneration and looked around Lausitz region where is famous as brown coal-producing area as one link of research. I had an interviwe with an organization "IBA Furst-Puckler-Land" and found it really interested. I came back to Japan once to finish my thesis, and then, asked them to let me work together. They responsed "Anyway, please come here."
That was the beginning.

 

ーラオジッツ、すごい場所ですね。

すごいでしょ。これ、露天掘りという手法の炭鉱なんですけど、独特のランドスケープが広がっていて。こういうのを産業遺産として活用していく、というのが一つの目標です。

ぼく、最初にどうやってここを見つけたかというと、Google Mapsなんですよ。 ある時、ドイツの航空写真を見てたら、これなんだろう。これはなにか産業があるだろうと思って。で、来てみたらビンゴ。ぼくはGoogle Mapsの航空写真とかストリートビューとかが大好きで、けっこうずーっと見ているんですよね。 それがなかったら来なかったかもしれません。

ーえっ、Google Mapsで。これ、どれくらいの縮尺で見つけられるんですか。

ドイツ全体を映していても、ほくろぐらいの大きさで見えるんです。

ーああ。そんなに大きいんですか。


大きな地図で見る

-Lausitz seems very interesting place.

Right. The technique used in the coal mine shaft is called "Open-pit mining." It made the landscape so unique. One of my goals is applying such heritages of industries in new usages.

You know how I found it? It was through Google Maps.
I was looking at photomap of Germany, and found a strange part. I thought there must be a unique industry and it was correct. I really like just to gaze on the photomaps and Street Views of Google Maps. If it were not for Google Maps, maybe I weren't here.

- How Google Maps shows it?

Even on the scale covers whole Germany, you can see it like a mole.

- I see. How huge it is!

 

ラオジッツの芸術祭「Paradise 2」©IBA See

ラオジッツの芸術祭「Paradise 2」©IBA See

それで、ラオジッツの地域再生プロジェクトは2000年から2010年までだったので、ぼくが行ったのはちょうど最後の年。で、最後だからということでその年は地域で、住民参加の芸術祭「Paradies 2」があったんですけど、それは住民参加というよりもむしろ住民たちがつくる、芸術家のいない芸術祭でした。炭鉱夫の人たちとか、地元の婦人会の人たちが主役になるようなもので、それがすごく面白かったですね。

ーで、そのラオジッツの芸術祭が終わった後、「日本の家」を始めたんですか?

ラオジッツのプロジェクトは、その空間を作るだけじゃなく、その空間を使って具体的なアクションを起こしていくというのがとても面白かったんですね。だから今度は自分で空き家を一軒つかって、自分で街づくりとか地域再生のプロジェクトを立ちあげてみたいと思ったんです。まぁあまりやることがなくて暇だったというのも大きいですけど(笑)
ちょうど2011年の春頃、ゲルリッツという小さな都市の衰退商店街の再生をやらないか、と言ってもらえたこともあって、その時に、空き家を「日本」的に再生する、というコンセプトでやってみようと。

The project started in 2000 and finished in 2010 and I went there in the last year. In 2010, they held an art festival "Paradies 2" for commemoration. It was made by the residents, not artists. Not an art festival by artist but by coal miners and women's group. It made the festival really interestng.

- And then, you started "Das Japanische Haus"?

Yes. The point of the project in Lausitz was that they were taking certain action using the space they made, not just making space. So I wanted to found a new project about city-planning or community regeneration using a vacant house. And the other reason was that I had almost nothing to do at that time (grin).

In spring of 2011, I got a chance to regenerate a declining shopping district of a small city Gorlitz. At that time, the idea that renovation of vacant houses into Japanese style came to me.

「日本の家」オープン ―反原発から「オタクの家」まで

image

ー「日本の家」というコンセプトはどんな風に決まったんですか。

「日本の家」は、私がドレスデンに住んでいた頃(2010年の暮れ)に、他の2人の日本人の方(建築家と画家)に「一緒に空き家でなにか面白いことやりましょうよ」と声をかけるかたちで始まりました。最初は本当に小規模なものを想定していたので、画家の人は「自分の個展やお絵かきワークショップを開きたい」、建築家の人は「自分の家具の展示やリノベーションの設計をしたい」といった個人的な興味がモチベーションとなっていました。私は空き家の再生自体に興味があったので、これらを総合する形で「日本をテーマに空き家を再生する」というコンセプトが決まっていきました。

で、企画書を作っていたんですけど、3月頃にゲルリッツの予算はやっぱり出ないという話になってしまって、企画をやらせてもらえる街をもう一度、探し直すことになったんです。でも同僚の一人が、ライプツィヒの「ハウスハルテン」の仕組みを知っていたので、応募してみたらすぐにOKの返事がきて。「これ、おもしろいから、すぐやってよ」と。もう次の日くらいにはライプツィヒにはじめてやってきて、物件も紹介してもらいました。それが2011年の5月くらい。

訪問当日は富谷龍樹氏の展示。地下鉄乗車券と乗車履歴

訪問当日の富谷龍樹氏による展示。日本の地下鉄乗車券と乗車履歴

- How did you get the concept of "Das Japanische Haus"?

In the end of 2010, I was living in Dresden. I asked two Japaneses(architect and painter) to do something interesting togethere in vacant houses. Thus, "Das Japanische Haus" started. At the beginning, we are expected it as a very small project. So, the painter wanted to hold exhibitions and workshops and the architect wanted to exhibit and renovate furniture. I was interested in renovation of the vacant house itself, so we integrated these ideas, and it became a concept "Renovation of vacant house into Japanese style."

So I started to make proposal, but I became to aware that I can't get any budget for the project "Das Japanische Haus" in Gorlitz. However, one of our member knew HausHalten system in Leipzig. We applied for it, and they said OK soon. The nect day I came here in Leipzig, and checked the property. It was in May, 2011.

 

それから、ゲルリッツでやっぱり予算が出ないという話になった時はちょうど日本で震災があった後で、ぼくも一回、頭が真っ白になってしまっていて。「日本は大変なのに、自分はなんでこんなお気楽なことやっているんだろう」と。 3月はずっとニュースばっかり見てました。でも4月くらいになってようやく「ドイツにいるからできることもあるだろう」と思って動き出して。色んな所に企画書送って、「お金ください!」ってお願いしたりしてました。おかげでライプツィヒの物件が決まった頃にはどうにか、助成金も一つ決まっていました。

At that time we had failed to get budget about project in Gorlitz, the huge earthquake attacked Japan. I was so confused and thought "What the hell I am doing while people are in hard situation in Japan?" And I was just watching News during the March.
I restarted to act in the next month thinking "There are something I can do only in Germany." I sent a lot of proposal everywhere asking "Give me money for the project!"
It succeeded and we got a subsidy when we got a place in Leipzig.

 

ー順調ですね。オープン当時の「日本の家」はどんなことをしていたのですか。

「日本の家」は、はじまってからは週に1回くらいのペースでイベントをやっていったんですけど。 ちょうど原発の事故直後だったので、核についてのディスカッションをしたりとか、反原発のドキュメンタリー映画を上映したりとか。 あとはぜんぜん政治的なものではなく、「オタクの日」というイベントをやったりもしました。 部屋の一角を紙で囲って、オタクの部屋を再現して。 この人は中国人の日本学科の学生なんですけど、日本語完璧で、自他共に認めるオタクなんです。「お前、おれより日本文化知ってるだろ」と。その彼にちょっとディレクションしてもらったりして(笑)。

ーあ、これはWebで見ました。てっきり大谷さんのコレクションだと思っていたんですが…(笑)

これはぼくのじゃないですね(笑)

「オタクの部屋」で © Dandelion Fotografie

「オタクの部屋」で © Dandelion Fotografie

あとはコスプレイベントをやったりとか。コスプレ、ドイツですごく流行っているんですよ。 ライプツィヒでは毎年ブックフェスが行われていて、世界中から出版社が集まるんですけど、ここ数年はそのうちの四分の一くらいが漫画やアニメコーナーになっていて。同人誌が売られて、コミケ状態。コスプレーヤーたちも集まります。 そういうこともあって、ライプツィヒには、けっこうオタクのコネクションがあるんですよね。

ー大谷さんはドイツの人が持っている日本へのイメージ、どんな風に感じていますか?

もちろん人によってざまざまですが、日本のイメージは「食」「技術」「サブカル」の3つは大きいと思います。特に若い世代への日本のサブカルの浸透はすごいですね。

- It seems to be really smooth. What were you doing at the beginning of "Das Japanische Haus"?

We held events every week. It was just after the accident in Fukushima nuclear power plant, so we had discussions about it and showed documentary films about anti-nuclear.
However, the rest was not so political. For example, we held an event called "The day of Otaku." We reenacted typical Otaku's room.
This Chinese guy is a student of Japanese course. He speaks Japanese perfectly and is generally admitted as Otaku (grin). I think he knows Japanese culture better than me. He directed the event.

- It was on the website. Wasn't it yours?

It's not mine (grin).

And we held a cosplay event. Cosplay has become really popular in Germany. In Leipzig, they have a big book fair every year and a lot of publishing companies gather there. For several years, about a quarter of the event is for Manga and Animation. It is like a Comiket! So cosplayers also gather there.
Like this, there are many Otaku connections in this city Leipzig.

- How do you think about the typical image for Japan by the Germans?

It depends on the person, of course, but I think the typical image is food, technology and subculture. A lot of young people are absorbed into Japanese subcultures.

盆栽マスター ©Das Japanische Haus e.V.

盆栽マスター
©Das Japanische Haus e.V.

あ、あと近所に盆栽のマスターがいたので、彼に盆栽のワークショップをやってもらったりもしました。

ー盆栽マスター!? ちょっと待ってください、この方はドイツ人ですよね。

そう。この人はね、たまたまいたんですよ。 東ドイツなのでそんなに簡単には日本に行けないはずなんですけど、独学で身につけたんだそうです。 じつはネット販売とかもしているみたいで。

ー盆栽マスター、すごいんですね。

鍋パーティーとか、芸術祭やったり、漫画家の人にワークショップしてもらったり…いま思うといろいろやりましたね。

Ah, I remember, one of our neighbor was a Bonsai master, so we asked him to give Bonsai workshop.

- Bonsai master? But he is German, isn't he?

Yep, and It was pure chance that he was living in our neighborhood.
This area is former DDR, so I think it was difficult for him to go to Japan at that time, but he self-taught it. Now he sells it on the Internet.

空き家に放置された家具 ©Das Japanische Haus e.V.

空き家に放置された家具
©Das Japanische Haus e.V.

- Great Bonsai master.

What else? Hotpot party, art festival, workshop by Manga artist... We've held a lot of events.

 

ーこれは…家具ですか?

そう、ライプツィヒの空き家には、放置されている古い家具がいっぱい落ちていたりするんですよ。 それもらってきて、着物とか、日本の素材を使ってリノベーションして作りなおして。「日本の家」のもう一人の共同代表の、ミンクス典子さんの作品です。それでその再生した家具は、震災支援の一環で、寄付をしてくれた人にあげたりしていました。

そうやって活動していたら、ザクセン州に一度表彰してもらったりもして。日本語で言うと社会民主党という大きな政党なんですけど、そこに「民主主義賞」というのをいただいたりしました。

ー民主主義賞! それはなんだか…すごそうな賞ですね。

- Is this a piece of furniture?

リノベーション家具 着物✕椅子 ©Das Japanische Haus e.V.

リノベーション家具 着物✕椅子
©Das Japanische Haus e.V.

Right. You can find abandoned old furniture easily in vacant houses in Leipzig. We took them and renovated using Japanese materials like cloths for Kimono. It is made by Ms. Noriko Minkus, the other leader of "Das Japanische Haus."

We contributed the furniture to the victims of the earthquake.
Then we got a prize from State of Saxony. SPD (Social Democratic Party of Germany) gave the Social Democratic prize.

- Social Democratic... It sounds great.

 

あと、ちょうど社会学者の北田暁大さんという方がライプツィヒ大学の客員教授で来ていたりしたので、サブカルチャーのイベントで、少し話していただいたりもしました。

それから、2012年の夏には「都市の「間」」というのをテーマにサマーワークショップをやりました。たとえば、都市の中で農業をやる「Urban Garden」という取り組みを見に行ったりしましたね。一緒に作業をすると、だれでも仲良くなるじゃないですか。だから移民のインテグレーションにすごく効果的だとか、食も豊かになって、エコの勉強にもなると。日本でも「コミュニティガーデン」という名前で、最近始まっていますね。

サマーワークショップではそのほか、いろいろな地域再生の取り組みを見て回りました。 最終日は、移転前の「日本の家」があったゲオルグシューマン通りで住民の芸術祭があったので、そこにオーガナイザーのひとりとして参加しました。

このあたりには空き地とか空き家とかがたくさんあるので「都市の「間」」というのをテーマにして、一緒にやろうよと住民に提案しました。それで、参加者に3グループに分かれてもらって、それぞれ空き家や空き地を使った提案や実際の空間づくりをしまして「芸術祭」で発表しました。このワークショップには反響がありまして、今では地域住民主体で空き家と利用希望者を仲介する組織が生まれています。

「日本の家」の前の空き地に、縁日を出現させた ©Das Japanische Haus e.V.

「日本の家」の前の空き地に、縁日を出現させた
©Das Japanische Haus e.V.

And Prof. Akihiro Kitada, who is a famous sociologist and was in Leipzig University as a guest professor, gave us a lecture about subculture.

We had a workshop about space in cities last summer. What we did was, for example, observation of "Urban Garden," project that farming in urban areas. It is helphul for integration of immigrants because cooperation in such situation helps people to be friends. It also helps to make food wealthy and study about ecology. In Japan, same activity has started in the name of "Community Garden."

In the workshop, we observed a lot of projects of community regeneration.
In the last day, I took part in an art festival by residents held in Georg Schumann Street, where Das Japanische Haus was there before moving, as an organizer.

Since there are a lot of vacant lands and houses, I put "space of cities" as a concept for residents. They gave some proposals about usage of the space and also made it actually, and published in the festival. We got responses for the workshop, and it become a foundation of an organization that intermediates between Vacant rooms and those who want to use them.

 

ーなるほど、本当に色々やられてますね。ところで「日本の家」って、昨年移転されたんですね。どうして引っ越したんですか。

じつは前のところは、ここよりもっと…、めちゃめちゃ寒かったんですよ。ひと冬越したんですけど、暖房費がものすごくかさんでしまったんですよね。オイルヒーターはガスであたためているのですけど、ここ、ガス代はすごく高いんです。ストーブなら大丈夫なんですけど、ヒーターをバンバン使っちゃうと、あとでたっぷり請求されるんです。日本人は、これでだいたい失敗するみたいで。もう次の冬は越せないな、と(笑)。

ーそれは大変でしたね(笑)。

- Hmm, so many projects. By the way, Das Japanische Haus moved last year, didn't it? Why you changed the place?

Actually, the former place was far colder than here, so the heating cost became huge. Gas really costs here. It is typical mistake of Japanse here. And I thought it is impossible to spend winter there (grin).

- I'm sorry to hear that (grin).

 

「ふつうのくらし」を手づくりで

image

ー「日本の家」の活動は、「日本」をキーワードにしたクリエイティブな拠点にしたい。そしてそれを、ライプツィヒの地域再生につなげていきたい、ということですよね。マンガ展、サブカル展とかはわかりやすいのですけど、たとえば鍋パーティーとかデコ弁当ワークショップとかこたつでみかんとか。こう言ったらなんですけど、ちゃんとしたギャラリーではやらないようなことをやっているのがおもしろいと思います。

ライプツィヒやその周辺にお住まいの日本人の方々や日本文化に精通しているドイツ人の方々にも様々な専門や得意技を持っている方々がいますので、その方々に声をかけて、講師をお願いしたり、オーガナイズに関わって頂いたりしています。

ぼくは日本政府が発信するような大文字の「日本文化」や「国際交流」は日本での生活や感覚とズレがあると思っていて、違和感を感じていて。ぼくらはそんなに毎日高い寿司や天ぷらを食べてるわけじゃないし、アニメや漫画はジブリのように爽やかなものばかりではなく、性愛をリアルに描く作品にも重要なものは多いし、「技術大国」や「経済成長」への盲信こそが原発事故を招いたと言えるし。でも、そういう情報はなかなかドイツに伝わらないんですね。政府や企業の宣伝では「日本」の見せ方が、お化粧しすぎていて逆につまらないし、都合の悪い事は話題にしない。でもそれじゃ本来の交流じゃないだろうと。交流ってのは愛想笑いしながら高いレストランで飯を食うことじゃないだろうと。それで、自分らの手の届くところで、手作りできる範囲で、「ふつうのくらし」とか「ふつうのかんかく」をテーマに、ドイツ人と日本人が集って一緒に考えたり、一緒に手を動かして何か作ったりする、そういう場所をつくることに意義があると思っています。

- What you want to do in Das Japanische Haus is making this place center of creating with the keyword "Japan," and then connect it to the community regeneration in Leipzig, right? The important aspect, I think, is that you hold events not only about Manga and subculture, but also hot pot party, decoration Bento workshop and eating Mikan (orange) . Such event will be never held in formal galleries.

There are many Japanese people and German people who are really familiar to Japanese culture. We ask them to cooperate as a lecturer or organizer.

There are gaps between the cultural exchange Japanese goverment privides and the real feeling in ordinary life in Japan. We don't eat expensive Sushi or Tempura everyday. Not all of Japanese animation is like Ghibli's and there are a lot of important animations describes real things about sex. And the blind belief for "technological superpower" or "economic growth" led the disaster of nuclear power plant. However, such information is difficult to get in Germany because Japanese government and big companies only probide too made-up information and never tell negative information. That's not what cultural exchange is all about, I think. Real cultural exchange doesn't mean having dinner in expensive restaurants with forced smiles. That's why, we are trying to put "ordinary life" and "ordinary sense" as themes to make places where Germans and Japaneses can gather, think and make something together. That is our point.

 

「日本の家」引越しも手づくり ©Das Japanische Haus e.V.

「日本の家」は引越しも手づくり
©Das Japanische Haus e.V.

ー「日本の家」でそのほかに、大切にしていることはありますか?

もう一つは、手づくりでやること。業者の人にはいってもらったりしないで、自分たちのできる範囲でやるようにしています。非営利団体ですしお金が限られているので、そもそも委託できないという理由もありますが、建築の設備や施工の原理を知ることは面白いし勉強になる。イベントに関しても、大きなメディアを通さなくても、今はインターネットのお陰で広報も自分たちで出来ます。お金をかけなくても手作りで出来る範囲で、難しいところは周りの詳しい方に助けていただきながらやっています。

ー大谷さんの部屋もいいですね。すごく手作り感があります。

じっさい、全部手作りですからね(笑)。廃材置き場から資材をもらってきて、すこしずつ手を入れていきました。

- Is there anything else that you think important in Das Japanische Haus?

The other point is keep on handmaking. We never ask some makers to work here and we always do it ourselves. Since we are a nonprofit organization, we cannot afford it. But for a positive reason, doing it ourselves helps us to enjoy learning about architecture. We can do P.R. through the Internet without mass media as well. Asking helps to those who are close to us and familiar to the things, we are keeping on it.

- Your room is also good. The atmosphere is really hand made-like.

Yes, it is all hand made actually (grin). I made it step by step using materials from junk yard.

image

ーヴァンダリズム(破壊活動)にあったという話、深夜、バリーンと窓を割られて通報したという話を読んだのですけど、あれ、恐いですね。家が襲われるというのはけっこう多いことなのですか?

自分が被害に会ったときは本当に死ぬかと思いましたね。そうですね、日本よりは多いでしょうね。強盗目的ではなく、壊すことで欲求不満を解消しているようです。移民・低所得者のドラッグの問題や失業問題と密接に関わっています。これもライプツィヒの一面です。

- I read that you faced vandalism once in your text. Your window was broken by somebody and you called police, right? Do such case often happen?

I thought I would die at that time. Yes, the rate must be higher than in Japan. The purpose is not robbery, but they just want to break it to get rid of their stress. It is strongly connected to the problem about drugs of immigrants and low income earners. This is one of real aspects of Leipzig.

ーハウスハルテンの仕組みはおもしろいですね。日本でも活用できそうだと思うのですが、似たような試みはすでに日本にもあるのでしょうか。

日本でも空き家のリノベーションに対する関心は非常に高いです。ハウスハルテンに一番近いのは尾道の「空き家バンク」でしょうか。空き家をどうにかしたい大家と、尾道の歴史ある家に住みたいという人を仲介するNPOです。金沢でも「町家研究会」という、空き家となった町家を修復・仲介・活用していく事を目的としたNPOが立ち上げられました。ハウスハルテンにも共通しますが、大家との交渉、経済的サポート、都市計画的位置づけに関して、行政のバックアップがあることがポイントです。一方民間からのアプローチも多数あります。不動産の専門家と建築家が組み、空き家となった物件を対象に「大家との交渉」「リノベーション」「使用者の募集・空間の貸出し」「メンテナンス」といった複数の業務を行なっている事例があります。「R不動産」や「北九州家守舎」の活動が挙げられるでしょう。

一方、ハウスハルテンの面白いところは、「好き勝手に使える空間を格安で提供する」ということに重点をおいているところだと思います。空き家というのは、金はないけど新しいことや面白いことに挑戦したいと企んでいる人々を都市に引き止めるための絶好のインフラです。現時点で日本の場合は、伝統建築の保存や不動産価値の向上に主眼においた活動が多いですが、新たな文化活動を始めるきっかけとなる都市の空間的余白としての「空き家」の価値を大切にした取り組みが日本で展開できると、面白いだろうなと思っています。

- The system of HausHalten is really interesting. Is there any project like this in Japan?

Also in Japan, people are interested in renovation of vacant houses. The most similar project to HausHalten must be "Vacant house bank" in Onomichi. The NPO intermediates between the owners worring how to treat their houses and those who are eager to live in such historic houses. In Kanazawa, there are also such kind of NPO called "Machiya (Japanese old fashioned house) study group." The point is same as HausHalten that the adminisitration helps things about negotiation with owners, financial support and putting it into city planning.

On the other hand, private companies also approaches. For example, some professional about real estate and architects cooperate to work about negotiation with owners, renovation, P.R. and maintenance.

The unique point of HausHalten is that they provide "space for free usage" in "cheap price." Vacant houses are very good infrastructure to tie those who want to start new things but have no money. In Japan, however, such kinds of projects focus on mainly maintaining traditional architecture and making the value as real estate higher. If there are project focusing on the value of vacant houses as space of city, the situation will become interesting, I think.

image

ー大谷さんが建築を学ぶことにしたきっかけというのは、じっさいに建築を建てたい、デザインしたい、ということではなかったのでしょうか。

最初は、建築家になって、デザインしたい、というのが建築を学ぶことにしたきっかけでした。 でも建築を勉強していくうちに、デザインだけで解決できることって、実はすごく少ないなと気づくんですね。 建築は結局、社会の要請に成り立っているから、上にあるデザインだけで何とかしようとしても無理だなぁと。建築のデザインから、都市とか地域とかいう方向に、関心が移っていったんです。 それが大学院に進む頃でした。

デザインとか言語というのはたしかに一つの武器だけど、個人的には、それだけでは解決できない問題に向き合いたい、というのがあって。たしかに建築教育を学ぶ過程で、デザインには状況を変える力があるということを学んだし、いまでもそう思っています。でも僕がドイツで目の当たりにしてきたものは、デザイナーがオフィスで考えて出てくるものというよりは、実際の都市空間で住民たちとコミュニケーションしながら出てくるものなんですよね。その部分がとてもエキサイティングなんです。 今ある問題に食い込んでいくためには、社会と向き合わざるをえない、と思っています。

でもこう思っている人、ぼくらの世代には結構多いんですよ。 ぼくたちはそれこそ、無駄な公共事業とか、シャッター商店街の問題というニュースを毎日聴きまくって育った世代なので。 それで必然的に、こういうことをやっている気がします。

- I'm interested in the reason why you decided to study architecture. You did not build or design any architecture actually?

I wanted to be an architect to design architecture at the beginning. However, I became to aware that most of problems cannot be solved only by designing. Eventually, architecture exists depending on the social necessities, so designing is just surface, I thought. Then, my interest changed naturally from designing to city planning and so on. It was when I was starting master course.

Designing or language skills are useful tools, of course. However, I was interested in the problems which we can't solve only by such skills. Yes, I had learned that designing has certain power to change situations and I still believe in it, but I thought it is not enough. What I have seen in Germany is not from office working of designers but from communications with local people. That's the exciting point. I had to face against the society to commit the latest social problems.

But I think so many pepple in same generation as me is thinking same thing. We have grown up with such news about waste public enterprise and closing local shopping mall. I think it is natural consequence that I'm doing this work.

 

ー大谷さんは、将来もこのままドイツでの活動を続ける予定ですか? それとも日本に戻られるのでしょうか。

いえ。一度、日本に帰る予定です。ドイツはすごく好きなことができるし、たのしいけど、でもやっぱり日本でも活動したいですね。ライプツィヒで学んだことを日本に伝えたり、「日本の家」の活動を通じて出会った日独双方の団体や人をつなぐことで、空き家・空き地に関する交流のプラットフォームを作っていきたいです。

- Will you keep on your activity in Germany for a long time? Or go back to Japan?

I'm planning to go back to Japan once. I can do what I want to do and it's really interesting here in Germany, but I want to work in Japan as well. I wanna tell Japanese people what I learned in Leipzig and make connectuion between Japanese and German organizations and people to create a new communication platform about vacant houses and lands.

 

むすび

インタビューが一段落すると、ストーブの薪がなくなりかけている。このままだと、明日までは持たないそうだ。「あ、ホームセンター、よかったら一緒に行きますか?」という大谷氏の誘いに乗って、薪を買いにホームセンターへとついていく。ホームセンターへ行ってみると、なるほど。照明や、配線はもちろんのこと、床材、シンク、バスタブ。日本のホームセンターではちょっとお目にかかれない品物の充実ぶりがすごい。リアカーに山のような薪を積んで「ここの人たち、なんでも自分でやっちゃうんですよ」と言って笑う彼はしかし、もう十分「なんでもやっちゃう人」の目をしていた。

After finishing the interview, he noticed that the firewood is almost gone. He had to get new ones for tomorrow. Following him, and we got to the home improvement store. There are far more products than in Japanese ones, not only lights and wire but also flooring materials, kitchen sinks and bathtubs. Making the cart filled with firewood, Mr. Ohtani smiles saying "People always do it themselves here." But his eyes were also the ones of "doer it oneself."

*インタビューでの表現に至らない部分があったため、一部加筆修正を加えました。(2013/04/07)

image

 

関連リンク

日本の家

大谷悠ブログ つらつらと、

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa

スガタカシ

"したり顔" エディター。編集、撮影、ときどき執筆。
Facebook Twitter