Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 空間と人 > RENOVATE in Germany - ドイツでリノベーション 1/2

RENOVATE in Germany - ドイツでリノベーション 1/2

リノベーション天国ドイツ。空き家再生プロジェクト「日本の家」を訪れる

日本の家

「空間と人」では、どんな場所でどんな人々がどのように暮らしているのかということを、ひとつのキーワードに焦点を当てて、お伝えします。今週は、ドイツ、オランダ、スペイン。東欧と同じく、ひとくちに西欧と言ってもその文化は多様。そして、比較的身近に感じているはずのこれらの国々にも、日本からでは見えない側面が山ほどあります。

本日は「リノベーション」。街によって程度の差はあれど、日本とは比較にならないほどたくさんの、古い建築が残るヨーロッパ。リノベーションを経た古い建物は、時間に刻まれた深い表情を見せてくれるだけでなく、今でも人々のくらしとともにあります。人は古い建築と、どうつきあうのか。今回はライプツィヒの空き家再生プロジェクト「日本の家」の活動を中心に、前編・後編、2回にわたっておとどけ。前編となる今回は、ヨーロッパで出会ったリノベーション物件やライプツィヒの空家再生の仕組みを中心に、お伝えします。

In "Space and people," we report what kind of people is living their lives in what kind of ways in what kind of places, focusing on some keywords. This week’s places are  Germany, Netherlands and Spain. As same as east Europe, we cannot wrap up these countries cultural diversity to the one word. There are so many things behind our knowledge of them.

Today's and tomorrow's keyword is "Renovation." There a lot of old buildings in cities of Europe on level or another. You can find long histories on them when walking on the street. Interestingly, some old buildings are renovated and still used in different purpose from old days. Today and tomorrow, we will report the situation of renovation in Europe, referring to the interview we had in "Das Japanische Haus (The Japanese House)," a project of renovating unoccupied houses.

 

ヨーロッパ リノベーション建築に掴まれる

冬空のヨーロッパで過ごした3ヶ月。あらためて思い返すと、滞在中、もっとも心躍ることの一つは、古い建物たちとの出会いだった。時の流れに身を委ね、壁がはがれたり、ところどころが崩れ落ちたりした建物たち。破綻と崩壊の兆しをはらんだ古い建物を前に立つと、むしろここから新しい何かが始まりそうな、予感に胸を掴まれる。

Three months in winter in Europe. One of the most exciting things was the discovery of old buildings. The plaster is coming loose here and there as time go by. Such old buildings show signs of collapse, but you can see also signs that something new is starting.

imageポーランドの首都、ワルシャワ プラガPraga地区の元ウォッカ工場"Koneser”。1897年完成。中にはギャラリーやオフィスが入る。

Former vodka factory "Koneser" in Warsaw, the capital of Poland. Founded in 1897. The tenants now is some gallaries and business offices.

ベタニエンBethanien

19世紀末に建てられたベルリンの元病院「ベタニエン」。病院としての役割を終えた1970年代から、招聘したアーティストたちに一定期間オフィスや工房を開放する、アーティスト・イン・レジデンスを行なう先駆的アート・センターとして再生した。

Former hospital "Bethanien" in Berlin. Founded at the end of the 19th Century.The hospital were closed in 70's. Then the place became a pioneer art center doing "Artists in residence" opened to artists invited.

ベタニエンBethanien

ベタニエンBethanien

ベタニエンBethanien

 

シュピネライspinnerei

かつて紡績工場だったライプツィヒのシュピネライ

Former spinning mill "Spinnerei" in Leipzig.

シュピネライspinnerei

シュピネライの中ではブックデザイナーのカーチャを含め、たくさんのアーティストが活動している。紡績工場時代からの歴史を知ることのできるギャラリーや、だれでも気軽に訪れることのできる工房、アトリエが多数。

A lot of artists, including a book designer Katja, are working there. There are the gallarie shows the history of the former spinning mill, studios and ateliers where everybody can feel easy to visit.

 

トレゾア Tresor

火力発電所を再生したベルリンを代表するクラブ、トレゾア。ベルリンでは、クラブも再生物件が多い。

Former thermal power plant, a famous night club "Tresor" in Berlin. Many night clubs in Berling are in renovated buildings.

ベルグハイン Berghain

テクノ好きには世界最高のクラブとも言われるベルグハイン。闇夜にそびえる洋館風の建物は、クラブというより、まるでお化け屋敷のよう。

Former old-fashioned mansion "Berghain." You never see that the building is a night club.

 

木造建築を主とする日本と異なり、地震が少なく、レンガや石造りの建物の多いヨーロッパでは、建物は100年以上の寿命を持つことも珍しくない。公共の建築物だろうと一般家庭用の建築だろうと、当初の役割を終えた建物も、リノベーションによって中を改装してしまえば、まだまだ使えてしまう。

The style of architecture in Europe is different from Japanese. It is not wooden but built of brick or made of stone because there are far less earthquakes than in Japan. Thus, some buildings can be maintained for more than 100 years. Regardless of the original purposes, they can reuse the buildings that finishes the role by renovation.

 

空き家をねじろに スクウォッティング

たんにリノベーション物件が多いばかりではない。持ち主の曖昧な土地や空き家を占拠して住む「スクウォッティング」という行為が、文化としてある程度容認されているのもヨーロッパならでは。たとえば、つい最近までスクウォッティングが合法である場所として有名だったのがアムステルダム。しかし他の国でも、そうした事例はいくらでも耳にする。それはたとえば、壁崩壊前後のベルリンでは空き家があちこちにあって、他所からやってきたアーティストが活動の場としていとも簡単に占拠することができた、なんていう話。そういえば「ここ最近、近所の空き家にアーティストが住みついているんだ」と話していたマドリードのアルベルトも、決してそれを悪く思っているふうではないようだった。

The characteristic of buildings in Europe is not only the number of renovated buildings but also "squatting." It means residence of occupating vacant houses that have no certain owners as a culture. Squatting was legal in Amsterdam until quite recently. Of course, It happened not only in Amsterdam. In Berlin, For example, there were a lot of vacant houses before and after Berlin Wall's fall and artists from other places could occupy them easily. Alberto in Madrid also told that some artists started to reside in vacant houses nearby his apartment and he seemed to welcome it.

 

オスマンOsman氏のスクウォッティング・ハウス

いまやベルリン中央駅でも観光スポットとしての案内があるという、オスマン氏のスクウォッティング・ハウス。冷戦時代、トルコからやってきた彼は東西ベルリンの境目付近、所有者の曖昧な土地で小さな農園をはじめた。農園に無断で建てた家に彼は30年以上も住んでいて、手を振るとフランクに挨拶を返してくれる。

Mr. Osman's squatting house. It has become famous and even official information is provided by Berlin central station. He came from Turkey in the era of the cold war and started to run a small farm around the boarder. He built a house without permission. He is still living in the house and says hello to the visitors frankly.

 

image

ベルリン クロイツベルクで出会った美術商のジェイコ氏と彼のコレクション(下)。ベルリンの壁崩壊前後を知る彼は、壁の崩壊後、東ベルリンから、テレビを抱えてたくさんの人が歩いてやってきたこと。空き家を占拠して住んでしまうのは、とても簡単だったことを語ってくれた。

Mr. Zejyko, an art dealer, in Kreuzberg, Berlin.
A lot of people, even some holding TV sets, came by feet from Eastern Berlin after the Wall's fall. He says that it was really easy to occupy vacant houses at that time.

image

 

古い建築が、ユニークに再生される姿を見ることができるヨーロッパ。そしてある時、ライプツィヒで日本の若い建築家が、DDR(旧東ドイツ)時代の空き家を再生するプロジェクトを主催しているという話をきいた。

In europe, you can find the way how old buildings renovated and you can see a young architect from Japan who is running a project to renovate vacant houses from the DDR era.

ライプツィヒのハウスハルテンと「日本の家」

ライプツィヒは旧東ドイツを代表する都市。しかし往時は産業都市として栄えたこの街の、人口のピークは1938年。第2時大戦後は、ほぼ一環して人口が減り続けた縮小都市だ。そして人口流出は、街の工場の多くが操業を停止した東西ドイツ統合後、さらに拍車がかかる。2000年までに、ピーク時の2/3まで人口は減り、人々が街を逃げ出した後には、たくさんの空き家が残された。

しかし、その後10年間で、ライプツィヒは緩やかに人口の回復に成功している。その理由は、ひとつにはBMWやポルシェ、DHLなどの産業誘致に成功したこと。もう一つは市街中心地の空洞化対策の柱として、ライプツィヒ市と住民を中心に設立された空き家仲介団体「ハウスハルテン(HausHalten)」とそのプロジェクト「家守の家」の存在がある。

ライプツィヒ中心部の空洞化を難しくしていたのは、建物のオーナーの多くがライプツィヒにいない、いわゆる不在地主であること。そして借り手の見込めない物件に対しては、オーナーも自己負担での投資に消極的だったこと。そこで考案された「家守の家」プロジェクトは、建築物の「使用による保全」(ハウスハルテンのスローガン)を目指す仕組み。ごく簡単に言えば、家守となる使用者は非常に安く建物を使用できて、オーナーも自己負担なしに、建物を保全できる仕組みだ。使用者は例えば水回りや電気関係の修繕をふくめて、快適に住むための維持費を負担するほか、ハウスハルテンへのわずかな寄付金(月0.5〜2ユーロ/㎡)と家主への共益費の支払いのみ。家賃なし、原状復帰義務なしで建物を自由に使用できる。家主サイドは家守にいてもらうことで、建物の維持管理費を免れ、ヴァンダリズム(破壊活動)の危険から、建物を守ることができる。

Leipzig is a one of the most important cities in the former DDR area, but the peak of the number of the residence was 1938. In this shrinking city, it had been decreasing constantly after the war. It was accelerated after the unification of East and West Germany.

However, the number has been ingreasing slowly. One of the reasons is the success of invention of big companies like BMW, Porsche and DHL. Another is a intermediation company of vacant houses "HauseHalten" and the project "Housekeeper."

The main reasons which made the problem of hollowing in central Leipzig is that most owners of the buildings do not live in Leipzig and that they did not wanted to invest in their houses which is difficult to expect tenants. The project gave a solution called "Hauserhalt durch Nutzung" (Maintenance by using). Explaining simply, the tenants can rent the room in really reasonable price and the owner can maintain the building without expense. Tenants have to pay only for maintenance and donation for HausHalten and they do not have no responsibility to return to the original condition. Owners do not have to pay for maintenance and can protect the buildings from vandalism and any kind of destraction.

image

今回紹介する「日本の家」も、ハウスハルテンの「家守の家」の仕組みを利用して、空き家を再生しているプロジェクト。2011年のオープンから、日本に縁のあるアーティストの個展や、マンガ、コスプレイベント、デコ弁当ワークショップ、原発に関わるイベントなど、「日本」をテーマにさまざまなイベントを開催してきた。

The project "Das Japanische Haus (The Japanese House)" renovates vacant houses using same system as HausHalten's housekeeping. From the foundation in 2011, they has held a lot of events about Japan like one-man show by artists related to Japan, Manga and cosplay event, workshop of decorating Bento (Japanese style lunchbox) and a event about nuclear power plant.

©Mako Mizobuchi

マンガの日 ©Mako Mizobuchi

 

デコ弁当ワークショップ ©Das Japanische Haus e.V

デコ弁当ワークショップ ©Das Japanische Haus e.V.

 

コスプレの日©Kageuta-chan

コスプレの日 ©Kageuta-chan

 

鍋パーティー ©Das Japanische Haus e.V.

鍋パーティー ©Das Japanische Haus e.V. 

 

囲碁の日 ©Das Japanische Haus e.V.

囲碁の日 ©Das Japanische Haus e.V. 

 

image

そしてこれが、「日本の家」プロジェクトの共同代表、大谷悠氏(左)と、訪問当日、ちょうど個展を開催していた富谷龍樹氏(右)。大谷氏は筆者と同い歳の1984年生まれ。千葉大学の建築学科の修士を修め、現在はライプツィヒ大学に籍をおく研究者でもある。「日本の家」の活動について、なぜ、ライプツィヒでこうした活動をしているのか、話を聞いた。(つづく)

Mr. Yu Ohtani (the one on the left), one of the leaders of the project, and Mr. Tatsuki Tomiya, who was holding his exhivision. Mr. Ohtani was born in 1984, same age as the author. He graduated the Master course of Chiba Univ. architecture department and belongs to Leipzig Univ. now. Here is the interview with him about his project and activities.

>RENOVATE in Germany - ドイツでリノベーション 2/2

 

image

 

 

参考資料

大谷悠「縮小都市ライプツィヒの地域再生」『季刊まちづくり38』学芸出版社, 2013 

 

関連リンク

日本の家

ハウスハルテン

富谷龍樹 作品集

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa

 

スガタカシ

"したり顔" エディター。編集、撮影、ときどき執筆。
Facebook Twitter