Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 空間と人 > BOOKSTORE in Poland - ポーランドで書店

BOOKSTORE in Poland - ポーランドで書店

ワルシャワで、「家みたいな書店」と出会う

image「空間と人」では、どんな場所でどんな人々がどのように暮らしているのか、ということを、ひとつのキーワードに焦点を当てて、お伝えします。第4週は、ブルガリア、セルビア、チェコ、ポーランド。「ヨーロッパ」という言葉や「東欧」という言葉ではひとくくりにできない多様性が、この地域にはあります。

本日のキーワードは、「本」。東欧圏の街では、たくさんのちいさな書店を目にするようになります。東欧でひとは本と、どのように過ごすのか。本日は、とりわけたくさんの書店を見ることができたポーランドから、お伝えします。

In "Space and people," we report what kind of people is living their lives in what kind of ways in what kind of places, focusing on some keywords. The 4th week's places are Bulgaria, Serbia, Czech Republic and Poland. These areas have such a diversity that you cannot just call them in a single phrase "Eastern Europe".

Today's keyword is "BOOK".It becomes to be easy to find a lot of small bookstores on the streets when you enter into Europe from Turkey. We report how people live with books focusing on Warsaw and Krakow in Poland, where we found many bookstores especially.

駅にも古書店 ポーランド

image

ポーランドの書店が面白そうだと感じたのはクラクフにいた時のこと。さすがは文化都市と言うべきか、駅構内にまで書店のスタンドが立っている。品ぞろえはすこし新刊も混ざっているものの、大半が古書。その他日本のスタンドと異なるのは、文芸作品の多さが際立つこと。雑誌は雑誌スタンドで買うこと。そして自己啓発本が見当たらないこと。

Krakow showed the unigueness of Polish bookstores. They have secondhand bookstores even in stations. It must be just like charasteristic of a city of culture. They also sell some new books, but most of them are secondhands. The notable point is that they sells so many novels, that they do not sell any magazines and that there are no books about self-development.

image

クラクフから、ワルシャワへ移ってみても、やっぱり目につくのは新刊、古書を問わず、小さな書店だ。古書店にて、小さなハードカバーの文学シリーズ。カラフル。

Also in Warsaw, you can find small bookstores of new books and secondhand books. Small hard covered novel series are so colorful.

image

児童書。

Books for children.

image

日本ではなかなかお目にかかれないクオリティの造本を見かけることもしばしば。1冊の中で本文紙の色を変えていて、版画の挿絵がよく映える。

Some books are remarkably well bound.They changes the color of paper to make it suitable for illustrations of lithograph.

Tarabuk の扉を開ける

そんなポーランドの首都・ワルシャワで、前を通りがかるたび、気になって仕方がない店があった。

There were a bookstore that you can't miss in Warsaw.

image

ポーランドの知の頂点・ワルシャワ大学から程近く。歩いていてぐうぜん見つけたのは、本が木の葉のように、幹に茂った書店のロゴ。そのデザインにも、通りから窓越しにうかがえるお店の雰囲気にもひかれて、明日にもワルシャワを離れるという夜、駆けこむように扉を開けた。

The bookstore named Tarabuk was located nearby the University of Warsaw, the top of the intetelligence of Poland. In the logomark, books were like leaves on the tree, and it caught me. The atmosphere also seemed attractive. I rushed into the store though I was leaving the city on the next day.

image

店内に足を踏み入れると、奥のカフェを埋め尽くす人の熱気に驚く。ちょうどその夜、店ではトークイベントの最中だった。当然のことながら飛び交う言語はポーランド語。まったくわからない。

It was croeded at the cafe inside the shop. A talk show was going on. I could not understand anything because it was held only in Polish unfortunately.

image

しかしおそるおそる英語でスタッフに話しかけてみると、写真撮影を快諾してくれる。

店内は古い家具の置かれたくつろいだ雰囲気のカフェと、書店が融合したスタイル。とはいえ本の品揃えもけっしておざなりなものではない。文学、哲学、歴史、心理学…、 アカデミックな本までが揃う。

However, the staff permitted to take photos pleasantly.There was a combination of relaxing cafe with old furniture and bookstore.But there were so many kinds of books about literature, philosophy, history, psychology. They sells even academic books.

image

レジ前には平積みの本。スーザン・ソンタグ、黒澤明の名前が見える。

Books in front of the counter. Susan Sontag, Akira Kurosawa.

image

一方では絵本を中心に、これまでみたポーランドのどの書店よりも、ビジュアル本が充実している。

In the other area of the store, there were a lot of visual books like picture books. The variety was widest in the bookstores I saw in Poland.

image

夢中で棚を眺めていたそのとき、ソファでくつろいでいる壮年の男性に声をかけられた。

「日本人ですか」

「ええ。よくわかりましたね」

決して日本人の多い国ではないからか、それとも顔の問題か。ここポーランドで、自分を最初から日本人であると分かる人はそう多くない。「そうだと思いましたよ。日本人は世界でもっともミステリアスな人々です」

ささやくように語りかけてきたこの人物。それがこのTarabukのオーナー、ヤコブ・ブラートだった。

An old man talked to me when I was looking at the books.

"Are you Japanese?"

"Yes. But why did you think so?"

In this country, people usually cannot tell my nationality. I don't know why, maybe because there are not so many Japanese or because of the shape of my own face. But he continued.

"I just thought you are. Japanese people are the most mysterious people in the world."

He was the owner of the bookstore, Jakub Bułat.

ヤコブ・ブラートとTarabuk

ヤコブ・ブラート は長年、出版社の物流部門のチーフとして働き、2005年に、家族でこの店、Tarabukをはじめた。かつては、ポーランドの民主化運動「連帯」にも関わっていたという。そして後から知ったことだが、2011年にはブロニスワフ・コモロフスキ大統領から、オフィツェルスキ十字勲章を受けた人でもあった。

--素晴らしいお店ですね。これほど居心地の良い書店は日本でもなかなか目にすることがありません。

ワルシャワにもたくさんの書店があるけど、ユニークな店は少ないのです。チェーンのお店はあまりよいとはいえませんから。

--どうして書店を始めようと思ったのですか。

私たちは日々仕事や、生活のためにあくせくして、家族と過ごす時間がとれなかったり、たくさんのものを犠牲にして生きています。見てのとおり、私はもう若くはありませんから、たくさんのお金も、最新の車も欲しいとは思いませんでした。

ただ、人が家族のようにいられる場所。ゆっくりと話をしたりくつろいだり、人生がゆたかになるような空間。そういう場所を作りたくて、この店をはじめました。

さいわい私には何がよい本で、なにがよくない本か、それがわかります。人生を豊かにする本をあつめる、というのが本の品揃えにおける指針になっています。

--長く本に関わる仕事をされてきて、ポーランドでの本をめぐる環境は、どのように変わってきたのでしょうか。

共産主義時代、すべての本は検閲されていました。今ではどんな本でも出版できるようになりましたが、ただその代わりに、政治的な問題における「正しいこと」は大手新聞の意見によって決定されてしまうようにもなっています。

共産主義が終わって、特にこの7年ほどは、たくさんの良い本が出版されました。例えば、グラフィックデザイナーやアーティストは、自分たちで出版社を立ち上げ、よい紙を使ったり、印刷に工夫をすることで、美しい本をつくるようになりました。

しかし一方で、読書を楽しむ人々の数は減ってきています。インターネットが普及して、低い知識階層の人々は特に、本を読む意味を見失っているように感じます。

--ポーランドに来て、美しい本が多いことに驚いていましたが、とりわけTarabukの品揃えは素晴らしいですね。これは昔からの伝統というわけではなく、ごく新しい動きだったのですか。

そうです。これはこの6,7年の新しい流れです。ただし一過性のものでもなく、新しい伝統といえるかもしれません。インターネットや電子書籍など、新しいメディアへの対抗とも言える動きです。

--ご自身がかつて「連帯」で活動していたことは、現在、書店を経営されていることとどう関わっていますか。

「連帯」での活動と、現在の私の仕事は、たしかに関係があるでしょう。いつも社会的に孤立している、マイノリティの側に立つこと。それが常に、私のとってきたあり方なのです。

--お客さんはどんな人が多いのですか。ワルシャワ大学から近いので、やはり学生が主なのでしょうか。

学生はもちろんですが、大学の教授や、それから老人やちいさい子供をもつお母さんも多いのです。

この店では、必ずしもすべての人が本を読んだり買ったりしなくとも良いと思っています。私にとって文化とは、単に本を読むということに限りません。文化というのは、たとえば「ありがとう」と言ったり、そういったこと。やわらかく他の人とつながることなのです。

だからこの店では、コーヒーを飲んだり、人と話したり、ぼんやりしたり、ただそれだけでもいいのです。もちろん、本を買ってくれたら、それはうれしいけれどね。

--この店は、本の品揃えばかりでなく、店のインテリアも素晴らしいですね。どういうところから着想を得たのでしょうか。

この店のインテリアはなにも特別なものではありません。ポーランドの飾らない、ふつうの家庭のようににしただけです。多くの人がこの店を好きだ、素晴らしいと言ってくれますが、私はただ、家庭のような場所をつくっただけなのです。

--日本では、独立系の書店が生き残っていくのはとても難しいことです。Tarabukが生き残っていくために、特別にしてきたことはありますか。

たしかにTarabukはとても恵まれていました。しかし、私達が成功した理由のひとつには、経営もまた、家族のようであって、利益の追求をそれほど追いかけていないことがあると思います。優先順位としては従業員、顧客、仕入先と信頼関係を作ることがまず第一で、儲けはその次なのです。それからもちろん、仕事への情熱も大切にしていることです。

Interview with Jakub Bułat

He was a member of the democratic movement in Poland "Solidarity" when he was a student. He became a chief of a physical distribution part of a publishing company after that, and opened this bookstore with his family in 2005. He is a recipient of Officer's Cross, The Order of Polonia Restituta.

I asked some questions about the bookstore and the people's way to read in Poland.

--This store is sowonderful. Such comfortable bookstore is difficult to find also in Japan.

There are so many bookstores here in Warsaw, but little unique stores.

Chain stores are not so good.

--Why did you decided to open your bookstore?

We are spending our life fretting and fussing to earn money to live, and we do not have enough time to be with our family. We have to sacrifice so many things to manage our life.

As you can see, I am not so young yet. I don't need much money or latest model car. I just wanted to make a place that people can be relaxed and talk to each other with a homely atmosphere. It makes their life rich.

Fortunately, I can tell good books from bad books. My policy is collecting books which make people's life richer.

--How have the situation about books changed in Poland?

Every books should be inspected under the communist government in the past. Now you can publish any kind of book. But the recent problem is that only big newspaper's opinion decides what is right in politics.

After the communism, especially in these 7 years, so many good books have published. For example, graphic designers and artists started to found thir own publishing companies and make high quality books for themselves.

Nevertheless, the number of the people who enjoy reading is decreasing. Because of the appearance of the Internet, the people of the unecated class are losing the meaning of reading.

--It is really surprising that there are so many beautiful books sold in Poland, especially in this store. Is it not a tradition from the past but a new movement?

Yes. The movement in these 6 or 7 years is a kind of resistance against the new media.

--Is there any connection between what you did in the democratic movement and what you are doing now?

Yes. I always take side with minorities. The way never changes.

--What kind of people are your custmers? Are most of them students of the university of Warsaw?

Students are of course. Not only them, but professors, old people and even mothers who have small children come here.

I do not think everybody comes here should read or buy books. I think what culture is all about is not just reading books. For example, greeting with the phrase "Thank you" is also a culture. Connecting with other people softly is important.

So my customers can spend time here only drinking coffee, talking to others or even doing nothing. Yet I would be happy when they buy books, of course.

--Not only the books but also the interior is wonderful in this store. How did you make it?

Nothing special. I just made it as a ordinary home in Poland. People praise it, but I just wanted to make it a place like home.

--It is really difficult for independent bookstores to survive in Japan. Have you done any special thing for this store to survive?

One of the reasons why we succeeded is that we are not chasing profits so desperately. I treat this shop as a family. The most important thing is making good relationships with employees, customers and suppliers and profits come after that. Passion and satisfaction is also important, of course.

まとめ

ヤコブと話し込んでいたら、とっくに店の閉店時間を過ぎている。そして手持ちのお金がないにもかかわらず、すっかり一冊の絵本が欲しくなってしまっていたぼくは、いったん宿に戻って、翌朝、もう一度来ることにした。

「人生を豊かにする、家族のような書店」翌朝、Tarabukで朝食をとりながら、彼のことばについて考えた。日本で、彼の言うような書店は可能だろうか。ぼく自身、前職で5年あまり書店に在籍していたので、それがとても難しいだろうことはわかる。まるでおとぎ話みたいにも思えてしまう。しかし迷いのない、ストレートな彼の言葉は胸にきていた。なにより朝食のキッシュも、ポテトスープもカプチーノも、ほんとうに美味しかったのだ。

It is already over the closing time. I could not aware of it because I was so absorbed into talking to Jacob. I decided to come again in the next morning, because a picturebook really attracted me but i did not have enough money with me.

"Bookstore like family which makes your life richer"

Jakob's words came to my mind again when I was having breakfast at the cafe in his store. Is it possible to run such kind of bookstore in Japan? I know it is really difficult because I was working in a company of a bookstore chain. It is like a fairy tale. However, I was moved by his words.

image

*参考

Tarabuk

antykwariat (古書店/撮影協力)

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa 

スガタカシ

"したり顔" エディター。編集、撮影、ときどき執筆。
Facebook Twitter