Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 空間と人 > VIEW in Central Asia - 中央アジアの車窓

VIEW in Central Asia - 中央アジアの車窓

絶景シルクロード! うつりゆく車窓のながめ

image世界のどんな場所でどんな人々がどのように暮らしているのか。Biotope Journal「空間と人」では、ある空間での人のありようを、ひとつのキーワードに焦点を当てて、1週間をかけてお伝えします。第2週は、中央アジア。歴史を変えた東西交易路シルクロードの起点は中国の西安。そしてその場所から、イスラム世界が始まります。

本日は、「車窓」。中央アジアで人は、どんな風景をみるのか。中国のウルムチからカシュガルへの長距離列車の旅。そして中国からキルギス、キルギスからウズベキスタンへの陸路国境越え。この行程は、気候的にも、地理的にも、自然の変化に富んでいます。中央アジア「空間と人」最終日の本日お伝えするのは、列車やバス、乗り合いタクシーの車窓から見える風景。移動とともに変化するその景色を、お楽しみください。

In our articles "Space and People", we focus about how people live their life in specific area. We report about what place they live in, and who they are and what they do there focusing on one keyword everyday. The 2nd week's place is "Central Asia". Xi'an, China, is the starting point of Silk Road, which have changed history with trading between East and West. And that also means we faced to the beginning of the world of Islam here.

Today's keyword is View. What kind of view do they have in Central Asia? There are various kinds of scenery on the way from Urumqi to Kashgal by train and from China to Kyrgizstan and Uzbekistan by car. Today we will report such scemery seen from the windows.

 

砂漠を走る列車 - From Urumqi to Kashgar

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

国境は青空 - From Kashgar to the Boarderimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

 

ウズベキスタンの助手席で - From Kyrgyzstan to Tashkent, Uzbekistan

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage
中央アジアの「空間と人」、いかがでしたか。今回は中央アジアの中国・ウルムチからウズベキスタン・タシュケントまでを、食べる、街なみ、移動、宗教、顔、越境、車窓のキーワードでお伝えしました。そしてさらに、12/16夜発行のメールマガジンでは、退屈ロケットの中央アジアでの活動ぶりが明らかになる予定。よろしければこちらから、ご登録ください。皆さまからのご感想や退屈ロケットが訪れることができなかった中央アジアのほかの国々の様子などは、FacebookページTwitter ハッシュタグ #BiotopeJournal へいただければ幸いです。

We have reported about eating, street, transportation, religion, face, boarder and view in Central Asia for a week. How was it?We are really appreciate if you give us your comments about our uploading through Facebook or Twitter(#BiotopeJournal).

Facebook page

Mail Magazine "Biotope Journal Weekly"

スガタカシ

"したり顔" エディター。編集、撮影、ときどき執筆。
Facebook Twitter