Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈モツ〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 7/7

〈モツ〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 7/7

Ragnheiður loves lamb organ meals- レイキャヴィーク キュートで奇妙な彼女の結び目 第7回

〈モツ〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 7/7

English

島国と独特な文化のイメージとは裏腹に、アイスランドの人びとは実に積極的に海外に出ていく。多くの国民が不自由なく英語を話せることも手伝ってのことだろう、海外留学経験を持つ人もとても多い。ラグンヘイズルも、レイキャヴィークでデザインを学んだあと、アメリカで修士号を取得した。ミシガンでの経験はとても有意義なものだった半面、彼女が恋しかったのは地元の食べものだ。料理にせよスイーツにせよ、アメリカのものは大雑把で、必要以上に甘すぎたりする。アイスランドの、素材を生かした素朴で自然な味わいとは正反対なのだ。中でも恋しかったのは、アイスランドに伝統的な羊のモツ料理。見た目はひどいけど美味しいの、とのこと。

アメリカや日本、そしてヨーロッパでもいくつかの国を訪れたラグンヘイズルは、これからも様々な場所に行ってみたいと思っている。ロシアから電車に乗ってモンゴルや中国まで行ってみたい。台湾の友達にも会いに行きたいし、南米、アフリカ、すべてに興味がある。でも暮らす場所としては、アイスランドがいちばんだ。問題はあるけれど、安全で自然豊かなこの国は他国よりもずいぶん恵まれていると、彼女は改めて実感している。いつか小さな会社を作って、暮らしていくのに必要なだけ稼いで、そして田舎の小さな家で野菜を育てて暮らしたい、と彼女は笑う。

メールマガジン"Biotope Journal Weekly"では、その週に取り上げた〈人とくらし〉を、インタビューをもとに、すこし踏み込んでお伝えします。11月22日に発行する第50号では「レイキャヴィーク キュートで奇妙な彼女の結び目」のラグンヘイズルをレポート。メールマガジンの無料版(テキストメール簡易版)とHTML版でお届けする画像つき〈全部入り〉有料版のご登録はこちらから。有料版では今回も、たくさんの画像を収録してお届けします。どうぞお楽しみに!

---

Icelandic people go abroad without hesitating in spite of its insular cultural image. Many of them have experience to study abroad since their English speaking level is high enough. Ragnheiður also achieved her master degree in USA after learning design at Reykjavik. Staying Michigan was fruitful for her, but she missed her hometown especially for its local food. Any food or sweets in US was too rough or too sweet for her, and they were quite opposite from Icelandic dishes that are natural and simple for enrich the taste of food. What she missed the most was the country traditional lamb organ meals. “It looks awful but tastes wonderful,” she said.

After visiting US, Japan and some European countries, Ragnheiður is still interested in travelling to many places. Visiting Mongol or China by riding the train from Russia, seeing a friend in Taiwan, looking at South America, Africa ? she said she was curious about everywhere. However, for living, Iceland is the best place for her. Although she can tell some problems here, she knows as much about the preciousness about its safety and natural riches rather than other countries. She was smiling to tell us, some time in future, she would like to make a small company to earn enough money to just live, and grow vegetables at her small countryside house.

 

■ Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland
>〈Notknot〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 1/7

Umemi

Meet Iceland!

 

TRANSLATION BY Muma

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook