Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈クレイナ〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 3/7

〈クレイナ〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 3/7

Ragnheiður treated us with Kleinas - レイキャヴィーク キュートで奇妙な彼女の結び目 第3回

〈クレイナ〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 3/7

English

ラグンヘイズルは、お茶とお菓子を出してもてなしてくれる。お菓子はアイスランドでよく見かける、クレイナと呼ばれる揚げドーナツの一種。ねじられたようなその形は、もともと包まれた赤ん坊の姿をモチーフにしているのだけど、どことなく彼女のクッションとも共通点があるように見える。

クッション「Notknot」は、いわば2度編まれることで出来上がる製品。太い綱のような原型のクッションの表面を見ると、細かな編み込みが丁寧にほどこされているのがよくわかる。できあがったそれを、今度はねじったり結び合わせるようにして編み、この特徴的なクッションの形ができあがるのだ。中国式の編みかた、セイリングで用いられる編み方など、何種類かを彼女は使い分け、クッションにはバリエーションができる。現在4種あるそれぞれの形は、どれも特徴的で味わい深い。

このクッションの材料は、アイスランド・ウールが基本になっている。この国にはいたるところで羊が飼われている。ウールは、豊穣とはいえないこの土地にあって、衣類をはじめとする様々な製品のための貴重な資源となっているのだ。機能的な面を考慮して、部分的に化学繊維を使っているけれど、でもラグンヘイズルは自然のウールを用いることを大切なことと考えている。アイスランドの伝統的な材料であるということ。同時に、環境問題について自覚的であること。

---

Ragnheiður kindly welcomed us with tea and sweets. They were Kleinas which is one of fried doughnut, widely sold in Iceland. Its twisted shape is originally in the motif of the baby wrapped in the blanket, and we saw the shape looked similar to her cushion.

Her cushion “Notknot” is created by knitting twice. Looking close at the material of wide ropes, we learned they are finely knitted at first. And after that, it is twisted, tied, and weaved to make its unique shape. She uses several ways to weave such as Chinese style or for sailing for developing variations. There are four kinds now and each of them are nicely characteristic.

The material of cushion is basically Iceland wool. In this country there are sheep everywhere. Wool is important resource to make various kinds of product for this not very abundant land. In order to enable the required function, she partly uses chemical fiber, but she sets a high value to use local natural wool. Because it is Iceland traditional material and she wants herself to be always aware about the environmental problems.

 

■ Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland
>〈Notknot〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 1/7

 

TRANSLATION BY Muma

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook