Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈Notknot〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 1/7

〈Notknot〉Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland 1/7

Ragnheiður's cushion is called "Notknot" - レイキャヴィーク キュートで奇妙な彼女の結び目 第1回

〈Notknot〉Ragnheidur, in Reykjavik, Iceland 1/7

English

レイキャヴィークの街を歩けば、ショーケースに飾られた様々なアイテムに目を奪われる。生活雑貨からアクセサリーまで、その種類は豊富だ。鉱石を使った小物、地元の羊毛を使った衣服。シンプルなデザインの中に、共通したアイスランド独特の雰囲気が感じられる。この正体はいったい、何なのだろう。

アイスランド製品を日本に届ける「Meet Iceland!」というプロジェクトがある。ウェブサイトで紹介されている商品は、ホームグッズから帽子などのファッション製品まで幅広い。特に目を惹かれるクッションがある。柔らかな太いロープが絡み合って形作られたような、独特のデザイン。ひと目見ただけでは、これがクッションだとわからない人もいるのではないだろうか、というほどだ。

これらの製作者は、ラグンヘイズルという女性。彼女は4種あるこのクッション・シリーズに、「Notknot」という名前をつけている。この製品、実は2011年の「アイスランド・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞しているのだ。今回、「Meet Iceland!」に彼女を紹介してもらうことができた。インタビューの場所は、彼女の仕事場であり自宅でもある、レイキャヴィーク市内の一軒家。ここに彼女は、旦那さんとともに暮らしている。

---

Walking around the town of Reykjavik, many products catch our eyes. Groceries, accessories, small art pieces made by ore, clothing weaved with local wool and so on - they are all simple, but have common atmosphere which is very Iceland-ish. We got curious about this unique atmosphere - where does it come from?

Project "Meet Iceland!" is introducing Iceland products to Japan. On its website, there are various goods from room decor to fashion item such as a hat shown. One cushion was very interesting for us. It looks like soft wide ropes are braided together. Some of you may not tell if it is a cushion without any comments.

The creator of this product is Ragnheiður. She named this series of four cushions "Notknot". Actually, Notknot won the award of "Iceland Product of the Year" in 2011. For this time, “Meet Iceland!” introduced her to us for the interview. We visited her house which is her workplace at the same time. She lives here with her husband.

 

■ Ragnheiður, in Reykjavik, Iceland

 

TRANSLATION BY Muma

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook