Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈国籍〉Ibrahim, in Jerusalem, Israel 3/7

〈国籍〉Ibrahim, in Jerusalem, Israel 3/7

Ibrahim has no nationality - エルサレム オリーブ山の平和の家で 第3回

〈国籍〉 Ibrahim, in Jerusalem, Israel 3/7

English

イブラヒムには国籍がない。世界にはおよそ千数百万人の無国籍者がいるとされているが、彼もそのひとり。もちろん彼の家族も同様だ。この背景には、イスラエルとパレスチナの間の複雑な事情がある。パレスチナはエルサレムを国家の首都として宣言しているものの、ここエルサレムはイスラエル政府の実効支配下にある。そうした理由から、ここには国籍を持たない人びとが多く暮らしている。パレスチナ人といえどイスラエル国籍を取得することは可能なのだが、その数はいまだ多くないのだ。

国籍がないということは、パスポートを持たないことを意味する。では彼らはどのようにして海外へ行くのかというと、政府が発行する渡航証というものがある。これにより、海外へ行くことが可能になるのだ。祖父の老イブラヒムはインドやアメリカなど世界各国を飛び回ってきたし、イブラヒム自身も、アメリカに3ヶ月滞在したことがある。実は彼の親戚、つまり老イブラヒムの子や孫たちが何人も、永住権を獲得してアメリカに暮らしているのだ。イスラエルで暮らしていくことには多くの困難が付きまとう。無国籍であることには、パスポートの問題みならず、公的なサービスを受けるうえでも支障が起こる。だから彼らの家族だけでなく、このように移住の道を選ぶ人は多く存在する。

イブラヒムは、自分のIDカードを見せてくれる。なるほど、「国籍」の欄には「*******」と記されている。これはなかなか、衝撃的だ。でも実際のところそれよりも目をひくのは、彼の顔写真。これはいつ撮られたものなのだろう、というほどに、まるで別人だ。なにより、今よりもずいぶんと細い。きっとカメラが壊れていたんだ、と彼は笑う。

---

Ibrahim has no nationality. It is said that there are over 10 million people who don't have nationality in the world. He is one of them and so are his family. It is because of the complicated situation between Palestine and Israel. Palestine declared that Jerusalem is the capital of them, but this city is under the control of Israel. So a lot of people who don't have nationality live here. It is possible for Palestinan people to have nationality as Israeli, but most people don't do it.

Having no nationality means having no passport. So they have to get travel document from the government. Old Ibrahim has been to India, U.S. and so many other countries and young Ibrahim also has been in U.S. for 3 months. Some of his relatives, Old Ibrahims children and grandchildren, live in U.S. with the right of permanent residence. There are so many difficulties to live in Israel for them. They face problems not only about passport but also publiv services. So some of them leave this country.

Ibrahim showed his ID card. It was surprising that only "********" was written as his nationality. However, the most shocking one was his photo. The face was really different from his. The guy in the picture was thiner than him. "Maybe the camera was broken," he laughs.

 

■ Ibrahim, in Jerusalem, Israel
〈イブラヒムの家〉 Ibrahim, in Jerusalem, Israel 1/7

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook