Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈スペイン〉Gul, in Istanbul, Turkey 7/7

〈スペイン〉Gul, in Istanbul, Turkey 7/7

Gul wants to travel in Spain - イスタンブル ピアス・タトゥー・イスラム! 第7回

〈スペイン〉 Gul, in Istanbul, Turkey 7/7

English

ギュルがインタビューを受けてくれたのは、まだ仕事中の昼過ぎのことだった。仕事中とはいえ、朝食の片付けも一段落したあとのこの時間は、彼女にとっては比較的暇な時間なのだ。彼女はふだん、このまま夜の6時まで働き、そして終業ということになる。
ただし、今日は彼女は最上階の部屋に戻らず、アジア側にある自宅へ帰っていく。というのも、まさに翌日、就職のための面接を受けなければならないからだ。前の職場を辞めたあと、とりあえず家族の経営するこのホステルで働いてはきたものの、収入は大幅に減ってしまった。フォーマルな服装で働くのは嫌だけれど、仕方ない。新しい稼ぎ口を探さなくてはならない。「私はお金が欲しいのよ!」と彼女はいう。

もちろん、ただただお金を溜め込もうというわけではない。国際派の彼女は、様々な国に旅行をしてみたいのだ。ここはイスタンブール。ヨーロッパの各地は目と鼻の先のようなものだから、週末にひょいと飛行機で飛んでしまえば、気軽にショート・トリップを楽しめるのだ。彼女が今狙っているのは、スペイン。「スペイン人の恋人を見つけるのよ!」と冗談めかして話してくれる。

もっとも彼女には、二十歳すぎからもう10年近くも付き合っている、ちゃんとした恋人がいる。でも結婚しようという具体的な話は、まだない。なにしろ彼女には、やりたいことがまだまだたくさんあるのだ。海外旅行ももちろんだし、それだけではない。新しいタトゥーを入れたいな、と雑誌をめくりながらつぶやくものだから、思わず「ええっ、タトゥー入れてるの?」とたずねてしまう。そうよ、とこともなげに彼女。かっこいいやつが、バッチリ、背中にあるのだという。驚きでもなんでも、彼女の場合は、いつだって突然あさっての方角からやってくるのだ。

メールマガジン"Biotope Journal Weekly"では、その週に取り上げた〈人とくらし〉を、インタビューをもとに、すこし踏み込んでお伝えします。4月28日夜に発行する第27号では「イスタンブル ピアス・タトゥー・イスラム!」のギュルをレポート。今号もひきつづき登録無料で写真つき。よろしければこちらから、ご登録ください!

---

We had an interview with Gul in the daytime when she was still at work. The time after breakfast is not so busy for her. She works untill 6PM usually. However, she doesn't go back to her room today but go back her home on Asian side of this city. Because she is going to have an interview fo job apprication the tomorrow. She cannot earn enough money by working here, so she have to get new job although she doesn't like to work in formal style. "I need more money!" she says.

It is not just for accumulating money. She wants to go travel abroad. It is very easy to get to Europe from Istanbul, so she plans to go on short trips on weekends. The country she wants to go next is Spain. "I'll find a Spanish boyfriend!" she jokes.

She has a boyfriend, actually. They have been in the relationship for 10 years. However, they doesn't have any concrete plan to get married now. She wants to do many things before it. "I wanna get another tattoo," she said paging through a magazine. "You alredy have one?" we are surprised. Yes, she has a cool one on her back. She gives you something always unexpectedly.

 

■ Gul, in Istanbul, Turkey
〈鼻ピアス〉Gul, in Istanbul, Turkey 1/7

 

*関連リンク

Red River Hostel

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook