Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈スティーグ・ラーソン〉 Gul, in Istanbul, Turkey 6/7

〈スティーグ・ラーソン〉 Gul, in Istanbul, Turkey 6/7

Gul reads Stieg Larsson - イスタンブル ピアス・タトゥー・イスラム! 第6回

Gul reads Stieg Larsson - イスタンブル ピアス・タトゥー・イスラム! 第6回

English

ギュルの部屋は、なんとこのホステルの最上階。金角湾からボスフォラス海峡にかけてを一望できる、すばらしい眺望の一室だ。客のほとんどが狭苦しいドミトリーのベッドに寝ているというのに、レセプショニストの彼女がここに暮らしているというのもなんだか変な話だ。でもこの部屋に泊まる客はほとんどいないので、ひとまずここが彼女の寝室としてあてがわれている。もしも予約が入った場合には、その晩は彼女は家に帰るのだという。彼女の家はここから1時間以上もかかるアジア側にあって、毎日そこから通ってくるわけにはいかないのだ。

この部屋は彼女のものというわけではないから、部屋の中には生活を感じさせるようなものはまったくない。ダブルベッドがあり、安ホステルに不似合いな備え付けの冷蔵庫、そしてテレビ。半ば壊れかけた年代もののレコードプレイヤーは、その本来の役割を放棄して、ほとんどインテリアかなにかのように置いてある。そしてドアを開ければ、そこはテラスになっている。この建物は湾へ向かう坂の中腹にあるから、たかだか5階程度の屋上からでも、イスタンブルの景色を手に取るように眺めることができる。なかでも最高なのは夕暮れ時の景色。彼女はそれがいちばん好きなのだという。

早朝から夕方までを働き終えたら、彼女はこの部屋に帰ってくる。部屋にいるときはたいてい、テレビを見るか、あるいは本を読んでいる。たしかに、それ以外にすべきことを思いつけないほど、この部屋はがらんとしている。でもそんなシンプルさも彼女には合っているのかもしれない。今読んでいるのは、スティーグ・ラーソンの『ミレニアム』シリーズだ。

---

Gul's room is on the top floor of this hostel. You can see the great view of the Golden horn and the Bosphorus from the spacey double-bedded room. It is strange that she is living in the room while most tourists sleep in narrow dormitory rooms. However, she can use the room because few guests stay in the room. In case they have any reservation for the room, Gul goes back home. She has to take an hour and more to get back home, so she can't go back every day.

Since this room is not her own room, there is no her belongings showing her life well. There are a double bed, a fridge and a TV set. There is also an old record player, but it looks just like an interior item because it is not working now. Outside the door, there is a terrace. You can see the view of the city clearly. She especially likes the view in twilight.

She comes back in this room after finishing her work from morning to evening. She spends most of her time here watching TV or reading books. It seems that they are all she can do here because it is really simple room. But the simple style must fit on her. The book she is reading now is "Milleniun" written by Stieg Larsson.

 

■ Gul, in Istanbul, Turkey
〈鼻ピアス〉Gul, in Istanbul, Turkey 1/7

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook