Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈アジア側〉Gul, in Istanbul, Turkey 2/7

〈アジア側〉Gul, in Istanbul, Turkey 2/7

Gul loves the asian side of Istanbul - イスタンブル ピアス・タトゥー・イスラム! 第2回

〈アジア側〉Gul, in Istanbul, Turkey 2/7

English

ギュルの出身は、イスタンブルではない。ここからはるか東の、海からは遠い、どちらかといえば山がちな地域だ。でも、ふるさとの具体的なことをそう多く覚えているというわけではない。なにしろ、彼女が家族とともにイスタンブルにやってきたのは子どものころ。30年と少しの人生の多くを、彼女はイスタンブルで過ごしてきた。だから、住む地域の劇的な変化が彼女に何をもたらしたか、ということについては、自覚というものがないのだ。

ただし、90年代から現在にかけてというのは、イスタンブル自体が大きな変化を見せてきた時期だった。彼女はここで、その様子をずっと見続けてきたのだ。それはそれは大きな変化で、様々なことが変わってきたわ、と彼女は言う。
たとえば、この新市街の象徴的な場所であるタクシム広場。今でこそ新市街の中心地といわれ、訪れる多くの人がここを目印に市内を移動するのだが、15年前にはさほど有名な場所というわけではなかった。その頃には、この地域を歩く人のおおよそ70%は地元の人で、残りの30%だけが外国人だった。現在のように、半分かそれ以上が外国人、という状況ではなかったのだ。

ギュルのふるさとの名前は、スィワス(Sivas)という。古きよきトルコの伝統をしっかりと残していることで、ちょっとマニアックな旅人には知られた街だ。そこで育った感覚が無意識のうちに影響しているのかどうなのか、騒がしくなくて伝統が残されているような場所が、彼女は好きだ。だからイスタンブルの中で好きなのは、旧市街でもなく、新市街でもなく、アジア側なのだという。

---

Gul's hometown in not Istanbul. It is far east from here, sort of mountainous district away from sea. However, she doesn't remember so many things about her hometown because it was her childhood when she moved to Istanbul. She has lived her life mostly in Istanbul for a little over 30 years. So, she does not have any consciousness about what was brought to her from radical change in living place.

However, the age from 90s to nowadays has big change in Istanbul. She has watched through it here. It is SO big change, many things have changed, she says.
One example is Taksim plaza, which is symbolic place in New city. Now it is called as a central place in New city which many tourists use as a landmark for sightseeing in the city, but 15 years ago it is not so famous. By then almost 70% people around there are consisted of local person, and only other 30% were foreigners. It is different from the circumstance now that half or more people are foreigners.

The name of Gul's hometown is Sivas. It is famous for maniac travellers for their remaining tradition of good old Turkey. The reason Gul loves quiet and traditional place may came from her unconscious sense brought by her surroundings in her childhood. So, where she loves most in Istanbul is not Old city or New city. She loves Asian side the most.

 

■ Gul, in Istanbul, Turkey
〈鼻ピアス〉Gul, in Istanbul, Turkey 1/7

 

TRANSLATION BY Satoko AOYAGI

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook