Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈山羊〉 Mubarak, in Merzouga, Morocco 7/7

〈山羊〉 Mubarak, in Merzouga, Morocco 7/7

Mubarak lives as a goat - メルズーガ サハラ砂漠の小さな家。彼がノマドをやめた理由 第7回

〈山羊〉 Mubarak, in Merzouga, Morocco 7/7

English

ノマドだったときには、ムバラクはたくさんの家畜を飼い、それを引き連れて移動した。特に多かったのは山羊だ。人間の暮らしよりも、それを成り立たせるための山羊の暮らしが中心になる。飼育のために必要な水や草木を得るために、季節を感じ、天候を読みながら、彼らはおおよそ三ヶ月ごとに住処を変えるのだ。 ムバラクはそんなノマドの暮らしが好きだし、今もそれを誇りに思っている。子どもたちの教育のために定住を選んだ彼に、将来子どもたちが独立していったならばノマドに戻るつもりなのかとたずねてみる。でも彼の答えはノーだ。それというのも、現在ノマドの住環境はどんどん暮らしにくいものになっているから。あるいは温暖化の影響もあるのだろうか、世界的な気候の変化はこんな砂漠地帯にも影響を及ぼしている。気候が読みにくいということは、ノマドの生活には致命的な影響を与えるのだ。

定住してから、生活はある程度安定的なものになった。水は安定的に手に入るし、野菜などは商店から買ってくることができる。でも収入そのものは今も不安定だ。彼には定まった職があるわけではなく、あるときには建築家兼大工となり、あるときには観光客のガイドになる。またあるときには鉱夫だ。たとえば観光客がどっと押し寄せるようなことがあれば収入は一時的に増えるけれど、いつどうなるかということはわからない。

でも彼は、その状況を不安に結び付けない。今日は今日、明日は明日というのが彼の姿勢だ。その日暮らしというのとは少し違う。この考えかたは、彼にとって大切な二つの考え方に基づいている。ひとつはイスラムの考えかた。もうひとつは、ベルベルの、ノマドの考えかただ。 ムスリムの人がよく発する言葉に「インシャアッラー」というものがある。「神の思し召しのままに」という意味だ。たとえば私が今生かされているのも、アッラーの神の意思によってそうなっているにすぎない。明日生きているかどうかもわからないのだし、だから未来のことは「インシャアッラー」というわけだ。 そしてムバラクは、「俺は山羊のように生きるんだ」という。山羊は明日のことを考えたりはしない。明日の風が強いのか弱いのか、雲がどう流れていくのかということは誰にもわからないのだ。ノマドの考えかたとイスラムの考えかたには、どこかしら共通点がある。

これから仕事だ、というムバラクを見送る。とはいえ、彼はどこか特定の仕事場へ向かうのではない。ガイドが必要な観光客を探しに行くのだ。彼の行く場所が、仕事場になる。おんぼろの無骨なオートバイからけたたましい音を響かせて、砂埃をあげながら彼はさっそうと走り去っていく。

メールマガジン"Biotope Journal Weekly"では、その週に取り上げた〈人とくらし〉を、インタビューをもとに、すこし踏み込んでお伝えします。4月21日夜に発行する第26号では「メルズーガ サハラ砂漠の小さな家。彼がノマドをやめた理由」のムバラクをレポート。今号もひきつづき登録無料で写真つき。よろしければこちらから、ご登録ください!

---

Mubarak moved with goats when he was a nomad. In such way, his life revolves around the goats. He changes the place to live to find water and glass for goats. He moved every three months feeling the seasons and reading the weather.

He loves nomad's life very much and he is proud of it still now. So, will he want to come back to nomad's life when his children get to be adults? No. Because the cercumstance surrounding around nomads is getting worse and worse. It stems from the quick changing of the weather happening all over the world. It makes it difficult to read the weather even for nomads. The propbelm is really serious to live in desert region.

After he settled down in this place, his life became stable to a certaub degree. He can get water easily from the nearest well and vegitables from stores. However, the economic situation is still unstable because he has no stable job. Sometimes he is an architect and a carpenter, sometimes he is a guide, or a miner. If there are a lot of tourists, he can get much money, but it depends. He can't foresee the future.

However, he never be worried about it. Today is today, tomorrow is tomorrow, that is his way of thinking. But he is different from those who lives from hand to mouth. His way of thinking comes from two ways which is important for him. One is the Islamic way, and the other is the Berber way.

Muslims often says "Inshallah (If Allah wills)." They say that you can't see your future, you can't see if you are still living or not tomorrow. Everything happens by Allah's will. So Mubarak thinks that his future is "Inshallah."

He also says that "I live as a goat." Goats never think of their future. Nobody knows if the wind blows strongly or not and how will the cloud floats in the sky tomorrow. There two ways have a lot in common.

Seeing off Mubarak, when he goes for his work. He is not going to certain working place, but looking for tourists who need guide. The places where he is becomes his working places. His old and heavy-duty motorcycle goes through the desert with a cloud of dust really noisily.

 

■ Mubarak, in Merzouga, Morocco
〈ノマド〉Mubarak, in Merzouga, Morocco 1/7

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook