Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈ノマド〉Mubarak, in Merzouga, Morocco 1/7

〈ノマド〉Mubarak, in Merzouga, Morocco 1/7

Mubarak was a Nomad - メルズーガ サハラ砂漠の小さな家。彼がノマドをやめた理由 第1回

image

English

ノマドという言葉は、遊牧民を意味する。これはなにも、教科書に出てくるような歴史的な人びとだけに使われる言葉ではない。21世紀の今になった今もノマドは世界じゅうに存在して、独自の暮らしを営んでいる。

モロッコを南進、アルジェリアの国境がほど近くなってくると、地図上に道路が消える。この先にははるか南半球にまでアフリカ大陸が続いているというのに、まるで世界の果てのようだ。眼前には死のサハラ砂漠が、その広ささえ想像させないほどの圧倒的な存在感で広がっている。

最後の街であるメルズーガを後にして、文明の痕跡が消え始めるかどうかというあたりに、小さな集落がある。家と家との境はあいまいで、区分けは砂に埋もれている。どこが通り道で砂漠なのかを見分けるのも困難なのだが、学校から帰るところらしい子どもたちはいとも簡単にそれを見分け、踏み固められた道を元気に歩いていく。

この一角に住んでいるのがムバラク。生まれてから30歳を超える7年前まで、この先の砂漠でノマドとして暮らしていた。でも今はノマドではない。土を固めて造られたこの家で、妻と4人の子どもと一緒に暮らしている。

---

The word “nomad” means people who live a nomadic life. This word is not only used to describe those ancient people who might appear in a history textbook. Even now, in the 21st century, there are nomads all over the world and they are enjoying their own lifestyles.

When driving through Morocco down to south and getting close to the border with Algeria, no roads are displayed in a map. It seems like the end of the world, even though African continent goes down all the way to the Southern hemisphere. The “death” Sahara desert makes it impossible to even imagine how vast it is.

After leaving Merzouga, the last town on the way, there is a small hamlet in an area where you can find few signs of civilization. The boundaries between houses are pretty fuzzy as they are hidden in the sand. It’s hard to distinguish where roads are, but the kids living there, probably on their way from school, can easily find them out and cheerfully walk on them down home.

Mubarak lives in this area. Since birth, he had been a nomad for over 30 years, until 7 years ago. But now he is not. He lives in a house made of mud, with his wife and 4 children.

 

■ Mubarak, in Merzouga, Morocco

 

TRANSLATION BY Hikari NISHIKAWA

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook