Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈蒸気船〉Katja, in Spinnerei, Germany 4/7

〈蒸気船〉Katja, in Spinnerei, Germany 4/7

Katja's son loves steamships - シュピネライ 描いて紡いで、できあがるもの 第4回

〈蒸気船〉Katja, in Spinnerei, Germany 4/7

子ども向けの「かわいらしい」絵柄は得意じゃないの、とカーチャはいう。本のためのイラストレーターとしては、それはいささか厳しいことだ。というのも、イラスト入りの本の多くは子ども向けのものだから。大人のための本でイラストが必要とされるものもあるけれど、割合としてはそう多くはない。

でも彼女の描いたポストカードの中には、子どもが好みそうな絵柄のものもある。たとえば蒸気船の絵。たずねてみると、6歳になる彼女の息子は船が大好きなのだという。お母さんがイラストレーターで、自分の好きなものの絵を素敵なポストカードにしてくれるというのは、どんな気持ちがするものなのだろう。ヤコブくんには会ったこともないけれど、でも彼が目を輝かせる様子を、なんとなく想像できてしまう。
小さな息子がいるから、仕事の時間を自由に確保することは難しい。8年前にここに工房を構えて働きはじめたのだけれど、はじめのうちはここに住んでいたほどだった。特に最初の1年などは、ほかのことはまったくせずに働き詰めだった。でも子どもができてからは、そういうわけにはいかない。彼女は朝から晩までここで働き、そして家に帰る。
カーチャが週末に仕事をしなければいけないときには、息子はここにやってきて一緒に過ごす。お母さんが仕事をしている横で、小さなイラストレーターは、大きな紙にお気に入りの船の絵を描くのだ。

3年間の旅の中で様々な工房を訪れた彼女は、それらに刺激を受けて自分の工房をどうするかというアイデアをたくわえてきた。それを具現化したという意味で、この工房自体も彼女の作品といえるのかもしれない。だからここは、プロフェッショナリズムにあふれているのに、一方でとても開放的で居心地がいい。だから多くの客が気軽に覗いていくことができるし、週末に息子がリラックスして過ごすこともできるのだ。

---

Katja says that she is not good at drawing "cute" illustrations for children. It is a bit hard thing for illustrators, because most books which need illustrations are for children. Some adult books need them of course, but not so many.

However, some illustrations on postcards by her seem to be loved by children. For example, a steamship on a postcard was really wonderful. She draw it for her 6-year-old son because he loves it very much. How do you feel if your mother is a professional illustrator and draw your favorite on postcards? You can imagine the shiny smile of little Jacob even if you do not know him.

It is very difficult for Katja to take time to work freely because of her son. Actually she was living here and always working 8 years ago when started to work here. However, it is impossible now. She works from morning to night, and then goes home.
In case that she have to work even on weekends, her son comes here together. The little illustrator draws his steamships on big paper.

She visited so many workshops during the 3years journey and got many ideas to make her workshop comfortable and nice. She realized it after that, so it can be said that this space is one of her works. It is a space of a professional, but opened to the world at the same time. That is why, customers can feel free to visit here and her son can spend time relaxed on weekends.

 

■ Katja, in Spinnerei, Germany
>〈本〉Katja, in Spinnerei, Germany 1/7

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook