Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈七王国の玉座〉Marija, in Belgrade, Serbia 4/7

〈七王国の玉座〉Marija, in Belgrade, Serbia 4/7

Marija loves "A Game of Thrones" - ベオグラード 彼女の道を照らすのは 第4回

〈七王国の玉座〉Marija, in Belgrade, Serbia 4/7

今読んでいる日本語の本はね、とマリヤが取り出したのは、「不思議の国のアリス」。多くの日本人が小さい頃にお世話になっただろう、「青い鳥文庫」のものだ。子ども向けの本は、日本語の学習にうってつけ。それというのも、すべての日本語学習者にとっての難敵である漢字に、ひとつずつ丁寧なルビが振ってあるからだ。そのうえ、「アリス」は彼女自身がよく親しんできたストーリーでもある。

彼女はもともと、幻想文学が好きだ。この理由は、彼女の育ってきたセルビアの特性にもあるだろう。ファンタジックな物語は学校の教科書にも載っているし、セルビアの誇るノーベル賞作家のイヴォ・アンドリッチだってそんな物語を書いている。「子羊アスカの死の舞踏」なんかが有名だ。

だからマリヤはもちろん、ハリー・ポッターだとかロード・オブ・ザ・リングのシリーズも好きだ。最近気に入っているのは、「氷と炎の歌」シリーズ。第一作の「七王国の玉座」から、第5部までがすでに刊行されている。日本ではそこまで有名になってはいないけれど、セルビアでは大変な人気があるのだとか。

そんな彼女はもちろん、ジブリの作品も好きだ。「ハウルの動く城」などは特に、そのものずばり、城が動いたりするあたりに、セルビアの昔話との共通点が見られたりするのだ。

---

Marija is reading "Alice in Wonderland" translated in Japanese now. It is published from "Aoitori Bunko (Bluebird Library)" which is for children. Books for clildren are the very things for those who are eager to learn Japanese because there are Kana (the easiest Japanese character) rubies on all of the Kanji (the most difficult one) characters that is the hardest difficulty for the learners. Moreover, "Alice" is a story with which she has been familiar from her childhood.

She loves fantasy literature primarily. One of the important reason of this is the cercumstances which have surrounded her. In Serbia, children read fantasic stories in the textbooks in their schools. Even Ivo Andrić who is well-known as a Nobel prize winner and the most important novelist in Serbia wrote such kind of story like  "Aska und der Wolf."

Therefore Marija likes Harry Potter series and The Load of the Rings series, of course. Her facorite nowadays is "A Song of Ice and Fire" series. Though it is not so popular in Japan, it is read by so many people in Serbia.

She loves Studio Ghibli works as well. Especially "Howl's Moving Castle" has a point in common with Serbian old fairy tales.

 

■ Marija, in Belgrade, Serbia
〈日本語〉Marija, in Belgrade, Serbia 1/7 

 

TRANSLATION BY Jutaro Kanazawa

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook