Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > 人とくらし > 〈色〉Ina, in Sofia, Bulgaria 2/7

〈色〉Ina, in Sofia, Bulgaria 2/7

Ina loves vivid colors - ソフィア コミュニズムを知らない子どもたち 第2回

〈色〉Ina, in Sofia, Bulgaria 2/7日を改めてのインタビューに、彼女は自分の作品をいくつも持ってきてくれた。さまざまなスタイルのものが並んでいる。静物画から人物画まで。抽象画もあれば、アメコミ風のマンガまである。中には大学での課題作品もあるから、いろいろなものが混ざっていてあたりまえなのだけど、でもそれらのすべてに一貫している雰囲気がちゃんとある。とてもクールで、場合によってはタフなほどの重み。色鮮やかなのだけど、シリアスな空気さえ漂っている。ホラーっぽいものまである。

それらの独特の魅力は、けれども、可愛らしさとか女の子っぽさのようのものからほど遠い。明るく元気な彼女のキャラクターにも合わないような気がして、どうしてなのかと聞いてみる。すると、「よくわかんないわ」と彼女。でも、描いてみると自然にそうなってしまうのだという。描くときに気をつけているのは、「色とフレンドリーになる」ということ。ただそのことを意識して描くと、彼女の場合、こんな作品が出来上がるのだ。

好きな色をたずねてみると、赤、青、黄色、それらのコンビネーションが好き、とくる。つまり、どんな色も好きなのだ。確かに彼女の作品は、とてもカラフル。じっさい、彼女の好みのポイントは色の種類というよりも濃淡にある。鮮やかな色が、彼女はとりわけ好きだ。

---

When we interviewed her another day, she brought some of her creations. Those paintings varies for many styles such as still-life, figure, abstract or even cartoons. It is natural because some of them are assignments for her school. Though, there is consistant atomosphere for all of them. That is very cool, sometimes tough weight. So vivid but somehow serious mood. Some of them are even horror-like.

Those unique charms are far from lovable or girlish. Moreover, they seems also far from her cheerful charactor. We asked why, but her answer was "I don't know." When she draws, those features appear naturally, she said. What she mind for drawing is to "be friendly with colors." Concious only about this, her drawing becomes in such creations.

Asking her favorite color, "Red, blue, yellow and their combination" is her answer. It means every color. Actually, her drawings are really colorful. Her taste is the contrast rather than types of colors. What she especially loves is vivid colors.

 

■ Ina, in Sofia, Bulgaria
〈たまり場〉Ina, in Sofia, Bulgaria 1/7 

 

TRANSLATION BY Satoko AOYAGI

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook