Biotope Journal 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅

Top > Biotope Journal について > Biotope Journal とは

Biotope Journal とは

〈非日常としての旅〉から、〈日常の視点をめぐる旅〉へ

Introduce About Biotope Journal Sponsor Profile Schedule English 

■はじめに

こんにちは。退屈ロケットのスガタカシと申します。

はじめて友達の家に遊びに行ってみると、わかっていると思っていた彼/彼女の知らない一面が見えてきたり、自分の住んでいる環境との違いに驚くこと。ありませんか?

▼2013年1月7日公開「パムッカレ 崖の上から高く翔べ 第1回」より
image

Biotope Journal (ビオトープ ジャーナル)は2012年9月に日本を出発した退屈ロケットのふたり(金沢寿太郎とスガタカシ)が世界一周の旅をしながら、Webとメールマガジンでお届けするメディア。テーマは、世界の人の「ふつうのくらし」。若い世代の人々の住まいや職場に伺って、世界の【人】が、どんな【空間】でくらし、なにをしているのか。そしてどこへ向かおうとしているのかを伝えるプロジェクトです。

■Biotope Journal(ビオトープ ジャーナル)のはじまり

インターネットが発達してLCC(格安航空券)が普及して、世界中とつながることは、昔よりずっと簡単になりました。でもそのことで、本当に世界は、ぼくたちの日常にとって身近で豊かなものになったでしょうか。世界についての情報があふれるようになったことと裏腹に、〈異文化を非日常として体験する旅〉はぼくたちにとって、以前ほど魅力的には、映らなくなったような気がします。

でも、たとえばアート、ファッション、文学、音楽、食。日本にいながらにして、ぼくたちがごくふつうに楽しんでいる世界の文化はたくさんあります。Biotope Journal が注目するのは、そういったものたちがどんなありふれた日常(=「ふつうのくらし」)から生まれるのか、ということ。

旅人にとっては異文化への驚きに満ちた世界でも、そこにはいつも、その土地で当たり前にくらす人の日常があります。〈異文化を非日常として体験する旅〉から、〈日常の視点から世界をめぐる旅〉へ。世界の「ふつうのくらし」を、友達の家に遊びに行った時のように感じることができたら、ぼくたちの日常は、すこしだけ豊かになるかもしれない。そう考えたのがはじまりでした。

▼2013年3月14日公開「シュピネライ 描いて紡いで、できあがるもの 第4回」より
image


 

■Biotope Journalについて

2012年9月に日本を出発して、10月にWebサイトとメールマガジンを立ち上げてから、Webではほぼ毎日「人とくらし」/「空間と人」のレポートを公開、毎週末にはメールマガジンを発行してきました。

これまでに訪れた地域は中国、中央アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ。今後は北米、南米を回って、来年2014年の2月頃帰国予定です。

> くわしい旅程

image

1.「人とくらし」レポート

Biotope Journalの柱は、退屈ロケットが世界各地で出会った方の、人となりとその空間(住まい/職場)に焦点を当てる「人とくらし」。2012年9月に日本を出発して以来、これまでに、中国、中央アジア、トルコ、ヨーロッパ、モロッコ、ヨルダン、イスラエル、エジプトと取材を続け、30人近くの「人とくらし」を伝えてきました。

□Web "Biotope Journal"

Bitope JournalのWebサイトで月曜日から日曜日まで毎日更新。ひとりの人について一週間7つの記事で、写真と文で紹介します(2012年10月からふたりが帰国する時(2014年2月頃予定)まで、70人ほどを取り上げる予定)。Web上で日々すこしずつ明らかになってゆく「人とくらし」の輪郭。そしてそれは、週末、日曜夜配信のメールマガジン"Biotope Journal Weekly"で完結します。

▼2013年2月13日公開「ワルシャワ 伝統も自由にまとうデザイナー 第3回」より
image

□メールマガジン "Biotope Journal Weekly"

Webをダイジェスト版とすると、メールマガジンは出し惜しみなしのフルバージョン。その週にWebサイトでとりあげた「人とくらし」を、インタビュー取材をもとに、ふんだんな写真と、間取り図つきで、踏み込んでお伝えします。さらに、旅の風景と心情をつづる紀行文やふたりが1週間をふりかえる「アフタートーク」もあわせてお届けします。

> メールマガジン"Biotope Journal Weekly"購読・バックナンバー

▼4月14日配信「Biotope Journal Weekly vol.25 フェズ なめし革職人は見習い中」より
image

2.「空間と人」レポート

世界の人の"ふつうのくらし"を、人にフォーカスをあてて伝える「人とくらし」に対して、「空間と人」では、どんな場所でどんな人々がどのように暮らしているのか、ということを、記事ごと、ひとつのキーワードに焦点を当てて、お伝えします。最近取り上げたキーワードは「食」「移動」「顔」「合法」「偉人」「音楽」「リノベーション」「書店」など。世界を多彩なテーマで掘り下げます。

こちらも一週間で一つの地域をとりあげ、月曜日から日曜日まで毎日更新。「空間と人」をお届けする週の週末にお送りするメールマガジンでは、そこでだけ読める濃密な記事を、旅日記やおまけコンテンツとともにお送りします。

▼2012年11月21日公開「PLAY in China 中国で遊ぶ - 中国で人はこう遊ぶ! 中国の気になる5つの遊び」より
image

3. 「記念写真」

日本人の「ふつう」のファッションアイコンといえば、スーツ。世界各地の「ふつうのくらし」を取材する退屈ロケットは、自らも世界各地でスーツに身を包み、「記念写真 souvenir photo」および「ふつうのくらし ordinary life」を撮影、メールマガジンやFacebookページで公開しています。

▼「ふつうのくらし ordinary life」中国・カシュガルにて (左からスガ、金沢)
Ordinary Life | Kashgar

4.「世界のアプリ・スマホ事情」レポート

KDDI の Online Magazine「TIME&Space Online」で世界の人びとがどんな風にスマホやケータイを使っているか、レポートしています。

> 「世界のアプリ・スマホ事情」

*通信業界のニュースを伝える「WirelessWire News」にて、ご紹介いただきました。(2013/05/17)
>【WirelessWire News】個人が作る、「世界のふつうのくらし」を伝えるメディア 

 

Top∧

キリム・トルコ絨毯 専門店 Turk Art(トルコアート)

>オンラインストア Turk Art(トルコアート)

「イスタンブル いまを駆けるイスラム商人」ジハンが経営するオンラインストアです。

CAMPFIRE

CAMPFIRE

BiotopeJournalは、2013年5月16日から6月17日まで、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を通じて、プロジェクトの継続資金のご支援を募りました。「CAMPFIRE」で集まった支援総額は1,174,664円。心からの感謝の気持ちを込めて、Biotope Journalをサポートしていただいた方の一部をご紹介します。

Akira Adachi / AkiraSuga / 浅野 紀予 / dory / dyuki / Eisuke Makimura / Erika Fujii / Hikari Nishikawa / Hiroshi Suga / hisakazu / いまむらももこ / Kazuma Yagyu / Keiko Kawashima / KeiMats / Keisuke Okamoto / Kenji Ishimoto / Kentaro Takeda / koda / Koji Hatada / Kota Sudo / 小山真帆 / 工藤勉 / KyouheiKonoue / l11a / Maeda Kaori / mako_0129 / Masaya Yasumura [Death Mask Lab.] / Mayumi Kamiya / Megumi Obata / milano2009 / mimuraMitsuimoto Kayo / niwa_y / Noriko Kohori / 奥村知花 / RyouheiA / Shintaro Kohmoto / Shun Saito / SKina / Sugita Yoshitaka / 須賀一恵 / takasebe / Takashi Kawanishi / T. Motofu / takupuji / TakuroMori / yks_4545 / Yonson Minami / yoshikazushimada / Youko Inohana / Yukahat / yukika77 / Yuko Yamasaki / yusukesugahara  / zeissizm

*高額のご支援をいただいた方のみを掲載しております(アルファベット順・敬称略)。

*Biotope Journal では、プロジェクトをサポートしてくださる方を募集しております。広告掲載ほか、金銭的にサポートいただける方は、お気軽にメールアドレス info@boredomrocket.com までご連絡ください。また、"Biotope Journal Weekly" 〈全部入り〉有料版にいただいたお金も、旅に不足している資金として大切に使わせていただきます。

Top∧

退屈ロケットについて

退屈ロケット

退屈ロケットは、2011年12月渋谷にて、金沢寿太郎とスガタカシの2人が当プロジェクトをはじめるにあたり結成した特殊ユニット。金沢とスガの2人だけでなく、翻訳お手伝いや記事を寄稿してくださる「船外活動員」の皆さまも、じわじわ増えています。

Jutaro Kanazawa金沢寿太郎 / Jutaro Kanazawa

"くそまじめ" ライター。当企画では主にインタビュー・執筆を担当。大学在学中の2007 年頃からバックパッカーとしてアジアを中心に世界をめぐる。過去の渡航地は中国、チベット、インド、ネパール、マレーシア、フィリピン、韓国。
jutaro@boredomrocket.com Facebook 

 

スガタカシ / Takashi Sugaスガタカシ / Takashi Suga

"したり顔" エディター。当企画では主に編集・撮影を担当。大学卒業後、紀伊國屋書店にてイベントの企画、Web サイトの企画/編集/制作、広報、デザインなどにたずさわり、2012年8月末日退職。
suga@boredomrocket.com Facebook Twitter

 

英訳協力

Satoko AoyagiSatoko AOYAGI
Twitter

 

imageむま / Muma
Twitter

 

Hikari NishikawaHikari NISHIKAWA

 

 

imageYoshiko Hirabaru

 

 

庶務協力

Kei Tamai玉井佳 / Kei Tamai
Twitter

 

 

 

Top∧

旅程・マップ


より大きな地図で Boredom Rocket Route を表示

2012年
       9月   出国
     10月   中国
     11月   キルギス、ウズベキスタン、トルコ
     12月   ブルガリア、セルビア

2013年
       1月   チェコ、ポーランド、ドイツ
       2月   ドイツ、オランダ
       3月   スペイン、モロッコ
       4月        トルコ(2)、ヨルダン、イスラエル
       5月        エジプト、ケニア
       6月   ウガンダ、ルワンダ、タンザニア
       7月   ザンビア、ナミビア、南アフリカ
       8月   フランス・イギリスほかヨーロッパ諸国
       9月   アメリカ
     10月   メキシコ、キューバ等中米・カリブ諸国
     11月   パラグアイ、ボリビア、ペルー等
     12月   ブラジル、アルゼンチン

2014年
       1月   インド、ネパール
       2月   東南アジア等、帰国予定

 

Top∧

退屈ロケット

People and Living 世界の人とふつうのくらしをつなぐ旅
Mail magazine Facebook